ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 焼き鶏大根オイスター味

<<   作成日時 : 2014/04/08 01:44   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 連絡不足のお詫びから入りますが4月7日は清明節という中国固有のお休みにより前夜の夜中料理をお休みいたしました。忙しくて話題に触れる間もないうちにレシピブログマガジンVol.2も発売になったようなのですがアクセス数が急増したとか熱烈な応援メッセージが来たとかは全くないようなのでとりあえずマイペースは保てそうですと冒頭の無責任さに小賢しく言いわけして今夜もひとり、夜中に料理します。

 シーズン終了前に大根、お気に入りの構成で。

画像


(分量:男のひとりぶん)
 鶏もも肉…約120g
 大根…約210g(φ73.5mm×L45mm)
 細ねぎ…見映え
 小麦粉…適宜(実消費量で小さじ2くらい)
 しょうゆ…大さじ1
 オイスターソース…大さじ1
 紹興酒…大さじ1
 炒め油…鶏はピーナッツオイル小さじ2、大根はごま油小さじ2
 水溶き片栗粉…片栗粉小さじ1/2+水小さじ1/2
 ほか分量外…大根を下ゆでする熱湯1,000mL、見映えの青みを適宜

(作り方)

(1)大根は皮をむいて5mmくらいの厚みにスライスし、分量外の熱湯で3分ゆでたらザルで水気を切っておきます。鶏肉は5mm厚みくらいの薄めにスライス、見映えの細ネギを小口切りにしてスタンバイ。

(2)フライパンにゴマ油で強めの中火、下ゆでした大根の水気をキッチンペーパーでしっかり取りながら並べ、ひっくり返しつつ両面いい感じの焼き色がつくまで焼いたら取り出し、器に並べておきます。

(3)そのままのフライパンに追加のピーナッツオイルで中火、鶏肉に小麦粉をまぶしてはたいたものを炒めます。あまり動かさずに焼き色をつけたらひっくり返して両面にしっかり焼き色をつけます。肉に火が通ったら醤油・オイスターソース・紹興酒を入れて炒め合わせ、香りが立ったら水溶き片栗粉でとろみをつけて完了。つけあわせの野菜と一緒に盛りつけ、見映えの細ねぎを散らします。

画像


 元ネタの過去レシピはこちら。大元が完成度の高いプロフェッショナルなレシピなので、お手軽にアレンジしても絶対に腰砕けにならないだろうという安心感のもとに作っている本日です。焼く前に大根の水気をしっかり取るのは油がはねないようにするためなので、油はねなんか気にしないぜどんと来いという場合はザルで水気を切る程度でも。調味料類は肉の量に対して若干多めなのですが、大根とからめて食べるにはちょうどいいかなと思って量を決めています。

 もう一丁はひじきです。

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。

 


 清明節ってお墓参りに行く日なのだそうです。


 私の場合、葬った過去は怖くて振り返れないのですが。



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

焼き鶏大根オイスター味 ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる