ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 青梗菜のちりめん南蛮炒め

<<   作成日時 : 2014/03/31 03:10   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 業務連絡から入りますが2晩と書いておきながら結局1晩のみの更新だった先週の前科を踏まえ、来客に対応するため今晩は確実ですが明晩は更新できない可能性があり、それ以降は確実にお休みになる予定ですと気弱な予防線を張る夜中料理野郎です。休みが多いからといって日本時代より熱心にサラリーマンをやっているわけではないのですがと残念ぶりだけを書き残して今夜もひとり、夜中に料理します。

 速攻で行きます、チンゲン菜で。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:副菜として2人前くらいのひとりぶん)
 ちんげん菜…約200g(φ50×L150mmが3株)
 ちりめんじゃこ…だいたい大さじ3(約17g)
 赤とうがらし…1本
 しょうゆ…小さじ1
 みりん…小さじ2
 日本酒…小さじ2
 炒め油…ごま油大さじ1/2+サラダ油大さじ1/2

(作り方)

(1)青梗菜は根元に包丁を入れ、十文字に裂くような感じでタテ4等分にしてから根元を切り落として葉っぱをバラバラにしておきます。唐辛子は小口切り、調味料を用意してスタンバイ。

(2)フライパンにサラダ油&ゴマ油で強火、チンゲン菜を炒めます。葉っぱの部分がしんなりするまで炒めたら、ちりめんじゃこを入れてざっと炒め合わせます。そこに日本酒をじゅわっと入れ、更にざざっと炒め合わせます。最後に醤油とみりん、赤唐辛子を入れたら見た目が均一になるようざっと炒め合わせて完了。ういっと盛りつけます。

画像


 日本とは毛色が違うものの中華でも海産物の干物はよく使います。とはいえさすがにちりめんじゃこは一般的な食材ではないようで、上海だと日本的な魚介が売っているところに行けば手に入るという程度の遭遇率です。当然ですけどじゃこの塩気の分だけ醤油は加減して、唐辛子はレシピのタイミングで入れると食べた時にだけ風味とピリ辛、全体の味つけというよりアクセントみたいな使い方になります。速攻の野菜炒めなので難易度は初心者レベル。

 もう一丁は肉じゃがです。

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。




 高校球児のような情熱って、いつ頃まで残っていただろう。


 ラブリー面の情熱は捨てていないと叫んでおきたい。



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

青梗菜のちりめん南蛮炒め ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる