ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 春菊のガイパッキン

<<   作成日時 : 2014/03/19 01:28   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 出来レースという俗語があります。狭義では最初から結末が決められていて競い合う本質が失われたレースのことを指しますが、レース以外の競技にもよく使われます。そして合法的に見えてもそれは本当にそこで暮らす人達の希望なのですか、と問いたくなる流れでとある地域が所属する国家を変えることも指すのではないか、と流されるままに住む国を変えたノー炊飯器野郎が今夜もひとり、夜中に料理します。

 中国でニッポン人がタイ料理、ガイパッキンです。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:常識的には2人前だろうひとりぶん)
 茼蒿(春菊)…約180g
 鶏もも肉…約125g
 茶树磨i茶樹茸、チャノキダケ)…約70g
 しょうが…約20g(大きめ1片)
 泡盛…大さじ1
 塩…適宜(例として小さじ1/8)
 あらびきブラックペッパー…好きなだけ
 赤とうがらし…1本
 ナンプラー…大さじ1/2
 うすくちしょうゆ…大さじ1/2
 レモン汁…大さじ1/2
 炒め油…ピーナッツオイル大さじ1+1/3

(作り方)

(1)春菊は根元をちょっとだけ切り落とし、5cm見当の長さに切ったら大体でいいので茎と葉に分けておきます。チャノキダケも同じくらいの長さに切ります。鶏もも肉は薄くスライス、生姜は千切り、唐辛子は小口切り。ナンプラーと薄口醤油は混ぜた状態でスタンバイ。

(2)深めのフライパンにピーナッツオイルで強火、鶏肉を炒めます。しっかり火を通したら春菊の茎と生姜の1/3量を入れ、全体が均一になるよう炒め合わせたら葉っぱの方も入れ、更に茶樹茸も入れてざくざく炒め合わせます。葉っぱがしんなりしてきたら泡盛をじゅわっと振り、塩とブラックペッパーで軽く下味をつけます。

(3)更に生姜の1/3量と赤唐辛子を入れ、混ぜておいたナンプラー・薄口しょうゆを入れてざっと炒め合わせます。仕上げにレモン汁を振ったらフライパンをあおりながら混ぜて完了。えいっと盛りつけ、残った最後の生姜1/3量をトッピングします。

画像


 ひょろひょろしていて葉っぱより茎を食べる感じの茼蒿こと中国の春菊はこちら。同じくひょろひょろ細長い茶樹茸はこちら。JAや官公庁ではこのキノコの公式な国内呼称が定められていないようで、輸入業者などがめいめいの読み方をしていることから、このブログでは語感の良いチャノキダケという表記を使っています。日本の春菊より風味がおとなしいのでちょっと強い味つけの炒めものならいろいろと使える中華の春菊、ガイパッキンは個人的な定番でもあります。ナンプラーを薄口醤油とブレンドするのは少し味をやさしくしたい個人的な好み、ザ・アジアンという感じが欲しければ100%で。

 期間限定、レシピブログマガジンのリンキングバナーはこちら。

画像


 なぜかこのブログが載ります。そんな暴挙のせいで今号をもって廃刊とかにならないよう、大きく取り上げられている方々の力に勝手に期待します。

 もう一丁は肉じゃがです。

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。

 


 夜中料理がどこかのジャンルに併合されるとしたら。


 ラブリー面ですら相手が見つからないのに何を言う。



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

春菊のガイパッキン ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる