ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 草頭(アルファルファ)のごまあえ・改

<<   作成日時 : 2014/02/11 01:24   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 今年は雪不足、と言われる冬季五輪の開催地に分けてあげたいくらい去る土日は首都圏で記録的な降雪があったそうで、その余波なのかついでなのか昨日も今日も雪が舞った上海、春節休みを長めにとって土日に日本から上海に戻ろうとした方々も大幅に予定を狂わせていたりします。少し早めに帰ってきたおかげで相も変わらない日々に埋もれたまま今夜もひとり、夜中に料理します。

 改良レシピ、続きます。今晩は上海素材。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:常備菜として仕込むひとりぶん)
 アルファルファ(草头)…約150g
 すりごま(白)…大さじ2
 ねりごま(芝麻酱)…大さじ1
 しょうゆ…大さじ2+1/3
 さとう…大さじ2+2/3
 ほか分量外…アルファルファをゆでる熱湯1,000mL+塩小さじ1、さらす冷水が適宜

(作り方)

(1)すりごま・練りごま(芝麻酱)・砂糖・醤油をボウルで合わせ、あえ衣を作っておきます。アルファルファ(草头)は水で洗い、ザルで水毛を切ったらスタンバイ。

(2)分量外の塩を入れた熱湯でアルファルファをゆでます。ジャスト2分ゆでたら冷水に取って冷まし、ザルで水気を切ってからぎゅっと絞ります。あえ衣の入ったボウルに絞ったアルファルファを入れたらしっかりあえて完了。少し置いて、味がなじんでからいただきます。

画像


 草头ことアルファルファは過去レシピの紹介も兼ねてこちらを。練りごまこと芝麻酱はコイツの時に紹介しています。レシピ的にはゆで時間を多少見直したこととすりごまの一部を練りごまに置き換えただけ、文面もほとんどコピペ(オイ)の本日ですが、練りごまを使うことでコクが出る上に細いアルファルファにしっかりからむ和え衣が作れますし、アルファルファもやや柔らかめにゆでることで更に衣がしっかりからみ、内容的には確実にひと味違う仕上がりです。日本だったら豆苗とか三つ葉とか、ヒョロヒョロした素材に向いた作り方だと思います。中華だとサッと炒めるのがド定番の草头ですが、胡麻和えとの相性はばっちりです。

 もう一丁はブロッコリーとベーコンのアリオ・オリオ、いわゆるペペロンチーノ仕立てです。献立としてどうよとかトータルの色合いがどうなのといったツッコミは甘んじて受けます。

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。




 雪で苦労された皆様、おつかれさまです。


 余力があったらラブリー面の雪解けにご協力いただきたい。



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

草頭(アルファルファ)のごまあえ・改 ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる