ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS たけのこのソテー・ジンジャーバジル

<<   作成日時 : 2014/01/16 01:18   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 セルフカバーという音楽用語があります。狭義としては別の歌い手に提供した作品を、作詞家・作曲家が改めて自らの歌唱でリリースすることを指します。セルフカバーの方がオリジナルであると言えなくもない反面、提供された誰かが商業的に成功してからリリースすることが多いせいか大抵は微妙な評価だったりします。誰かのカバーでもなく誰かにカバーされたこともない夜中料理の習慣に沿って今夜もひとり、夜中に料理します。

 セルフカバーというよりパクリかも。たけのこです。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:たけのこジャンキーなら余裕でひとりぶん)
 たけのこ(ゆでたもの)…約150g(円錐近似でφ57×H80mmの1.5本)
 おろししょうが…大さじ1/2
 バジル(ドライ、ブロークンリーフ)…小さじ3/4
 塩…適宜(例として小さじ1/5くらい)
 あらびきブラックペッパー…好きなだけ
 炒め油…バター(発酵・有塩)20g

(作り方)

(1)たけのこは2〜3mm厚みを目安にタテにスライスします。調味料を用意してスタンバイ。

(2)フライパンにバターで強火、タケノコとおろし生姜を一緒に入れて炒めます。タケノコがしっかり温まるだろうところまで炒め、バジルを振って炒め合わせたら塩とブラックペッパーで味を調えて完了。えいっと盛りつけます。

画像


 もともとはもやし炒めとして登場したのですが、好日弁当日記。さんに豆もやし炒めとしてご採用いただいたジンジャーバジル。そこから更にタケノコにアレンジしてくださったものを再導入している本日です。つまり生姜とバジルのバター炒めとして見ればセルフカバーかもしれないけれど、タケノコの炒めものとして見れば明らかに私がパクリということになるうえに、先方は大人気ブログですからどちらが便乗商法かは火を見るよりも明らか(笑)だったりします。バターで風味の角が取れるので、生姜はやや多めの方が存在感を残せます。ゆでたけのこ以外はほぼ常備されているだろう物だけで即座に作れる速攻メニュー、想像しにくいでしょうけど意外な相性の良さを見せてくれます。

 もう一丁はポークランチョンミートです。

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。

 


 要はオリジナリティに欠けるということです。


 ラブリーに欠けていることは言われるまでもないのですが。



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

たけのこのソテー・ジンジャーバジル ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる