ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 菜心と牛肉と春雨のなんちゃってマカオ風

<<   作成日時 : 2014/01/15 01:25   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 中国に住んでいるとどうしても若干は日本のカレンダーに疎くなる傾向があるのですが、アルファベット3文字+2ケタ数字の連邦国家みたいな様相を呈してきている某集団アイドル複合体のメンバーがたくさん成人式を迎えましたというニュースを見て1月13日が成人の日だったことに気づく夜中料理野郎です。今どきの若者はと言ってもらえた頃が懐かしい、と思い出せもしないほど遠い昔を振り返りながら今夜もひとり、夜中に料理します。

 そろそろ葉ものが欲しくなる、菜心でマカオ風。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

→レシピブログ

(分量:1.5〜2人前くらいのひとりぶん)
 菜心…約255g(L300mm×8株)
 牛薄切り肉…約110g
 にんじん…30g(円錐台近似でφ30×φ28×H40mm)
 緑豆春雨…乾燥状態で約20g
 にんにく…みじん切りで大さじ1/2弱くらい(小粒2片、約7g)
 塩…適宜(例として小さじ1/10くらい)
 あらびきブラックペッパー…好きなだけ
 白ワイン…大さじ1
 カレー粉…小さじ1
 オイスターソース…小さじ2
 しょうゆ…大さじ1/2
 さとう…小さじ1
 鶏がらスープの素+お湯…スープとして60mL
 生クリーム…大さじ2
 炒め油…オリーブオイル大さじ1+1/3
 ほか分量外…春雨を戻す熱湯が500mL

(作り方)

(1)牛肉は食べやすいサイズに切ります。菜心は根元をちょっとだけ切り落として5cm長さを目安に切り分けます。にんじんは皮をむいて短冊切り、緑豆春雨は分量外の熱湯で戻してから食べにくくない程度の長さに切ります。醤油・砂糖・オイスターソースは混ぜた状態でスタンバイ。

(2)深めのフライパンにオリーブオイルで強火、牛肉を炒めます。色が変わるまで炒めたらにんじんを入れ、均一になるよう炒め合わせたらニンニクを入れます。ざっと炒め合わせて香りが立ったら白ワインをじゅわっと入れ、激しい蒸発が落ち着いたら菜心を入れて炒め合わせます。

(3)菜心に火が通ったら塩・コショウで軽く下味をつけてカレー粉を振り、香りが立つまで混ぜながら炒め合わせます。混ぜておいた醤油・砂糖・オイスターソースを入れて均一になるよう炒め合わせ、そこに春雨を入れて更に炒め合わせます。

(4)春雨をざっと炒めたら最後の仕上げ、鶏がらスープを注いで全体を均一になじませ、生クリームを入れたら全体にしっかりからまるまで炒め合わせて完了。えいっと盛りつけます。

画像


 当ブログにおけるなんちゃってマカオ風とは、カレー粉と生クリームを使う炒めもの。もともとは広州のマカオ料理店で食べたものから生まれたメニューです。これまでも結構な品数を作っていると思いますが、中でも牛肉と春雨に他の野菜を合わせるコンビネーションは大のお気に入り。牛肉の強い風味をカレー粉でマスクし、スープと生クリーム以外の味つけを済ませてから春雨を入れ、うま味をスープに溶かして春雨に吸わせつつ生クリームで全体をコーティングしてマイルドにするという構成なので、全部炒めて味つけしてから春雨・スープ・生クリームという順番を守るのがおいしさのツボです。

 もう一丁は切干大根です。

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。




 今どきの新成人に比べて、ダメ人間度は高かった気がします。


 少なくとも上海で夜中に料理する未来など想定すらしていなかった。



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

菜心と牛肉と春雨のなんちゃってマカオ風 ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる