ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 真冬の若竹煮(2014年1月バージョン)

<<   作成日時 : 2014/01/13 01:13   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

 業務連絡から入りますが明晩の夜中料理は仕事の都合でお休みです。いや仕事の都合とはいっても結局は自分の都合だろというツッコミがどこからか聞こえてきそうな気もするのですが、実際は私個人の都合など誰ひとりこれっぽっちも勘案してくれないからそういう状況になっていたりします。まあ考慮されたところで夜中にひとりで料理するだけなんですがといつものオチで今夜もひとり、夜中に料理します。

 なんと真冬に若竹煮。中国では今が旬、冬笋の登場です。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:オトコのひとりぶん)
 たけのこ(ゆでたもの)…約150g(φ57×L80mm×1+1/2本)
 カットわかめ…乾燥状態で雑に大さじ1
 和風だしの素+お湯…濃いだし汁として300mL
 塩…適宜(例として小さじ1/12くらい)
 うすくちしょうゆ…小さじ1/2
 みりん…小さじ1/2

(作り方)

(1)たけのこは食べやすさと見映えを考慮しながら適当に切ります(今回は小さめなので全部6分割のくし形切り)。パッケージ表記の標準量より1.5倍くらいの濃度で濃いだし汁を作ってスタンバイ。

(2)鍋にタケノコを並べてだし汁を入れ、強火にかけます。沸騰したら弱火、みりん・薄口醤油・最後に塩で微調整という順で投入して味を決めたらそのまま5分くらいコトコト煮てタケノコを中まで熱々にします。最後に煮汁をおたま一杯ほど拝借し、別の用容器でカットわかめを戻したらワカメだけをタケノコの鍋に戻して30も秒くらい温めて完了。盛りつけます。

画像


 日本でも厳密にいうと春の最初に出てくる筍と初夏近くまで出回る筍は品種が違うのですけど、基本的に春の食べ物です。しかし中国では1クールくらい日本より早く、12月くらいから出回るのが冬笋、3月くらいから出回るのが春笋と呼ばれていて、日本の一般的なタケノコに近いのは冬笋。実のところ一昨年末に赴任した時点で路上販売している冬笋を見ていたのですが、なんでこんな時期にタケノコがあるんだよひょっとしてタイとの国境あたりで採れたのかとすごく懐疑的な目で見ていてシーズンを逃していたりします。若竹煮は煮物というより吸い物仕立てが夜中料理流、カットわかめをタケノコの鍋に入れて戻すとワカメの香りが勝ちすぎるので、別路線で戻すのがこの仕立てのポイント。

 ということで、たけのこを煮る冬。

画像


 ご存知の方には説明不要、食材のシーズンを知りたければこの弁当を見ればいいという好日弁当日記。さんのたけのこを煮る春。のパクリです(オイ)。こんな真冬に家の中ではタケノコをゆでる香りが漂って、春を先取りしているような気持になります。米ぬかを使ってゆでるのが日本流ですが、中国だと米ぬかの代わりに小麦粉を使うのだそうです。恒例、冬笋の無理矢理カタカナはドン・スン。

 もう一丁は塩鯖です。中国で純和風献立。

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。




 仕事と長期休暇以外の理由で休んでみたいものです。


 風邪でもひけよと言われるだけのような気がする。



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
若竹煮2015
 某集団アイドルが例年梅雨どきに開催している人気投票は、日曜日が立候補受付の締切だったそうです。なぜこんな話題から入るかというと、春の甲子園の結果を知りたくて「選抜」というキーワードでニュースを検索したら野球に紛れてその手のニュースが結構な割合で引っかかってきたからだったりします。要は国政選挙の時と同じパターンの話題作りですと手の内を暴露して今夜もひとり、夜中に料理します。 ...続きを見る
ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。...
2015/03/30 01:33

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

真冬の若竹煮(2014年1月バージョン) ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる