ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 里芋とイカのオイスターソース煮

<<   作成日時 : 2013/12/09 01:36   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 日本だとこの時期はクリスマス商戦まっただ中、それでいてお節料理の予約とか年賀状の作成サービスとかどこかでお正月の準備を始めていたりします。しかしお正月を旧暦で祝う中国の場合、この時期は正月もへったくれもなくただただクリスマスの飾りつけだけが街を侵食していたりします。クリスマスの盛り上がり方とは別に逃げ場のない雰囲気を味わいながら今夜もひとり、夜中に料理します。

 せめて料理は無関係に。煮物です。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:世間的には1.5〜2人前くらいだろうひとりぶん)
 さといも…6個(平均φ45×H50mm 、計約465g)
 いか(飾り切り入りの冷凍)…解凍した状態で約135g
 中華スープの素+お湯…スープとして300mL
 オイスターソース…大さじ1
 紹興酒…大さじ1
 しょうゆ…小さじ1
 水溶き片栗粉…片栗粉小さじ1+水大さじ1
 ほか分量外…見映えの青みを適宜、里芋を下ゆでする水1,000mL+洗うぬるま湯が適宜

(作り方)

(1)イカは大きければ食べやすいサイズに切ります。里芋は上下を切り落としてから皮をむき、輪切り方向に2等分したら下ゆで用の水と一緒に鍋に入れて中火にかけます。吹きこぼれる直前に取り出し、ぬるま湯で洗ってぬめりをある程度落としたらスタンバイ。

(2)きれいにした鍋に里芋と中華スープを入れて強火にかけます。オイスターソース・醤油・紹興酒を入れたら落としぶたをし、煮立ったら弱火にして15分煮ます。可能ならその後、しっかり冷まして里芋に味をしみこませます。

(3)里芋の入った鍋を再び弱火にかけます。煮立ったら中火にして芋を一方に寄せ、空いたスペースにイカを入れて煮込みます。イカに火が通るまでサッと煮たら水溶き片栗粉でとろみをつけて完了。盛りつけて見映えの青みを添えます。

画像


 オイスターソース煮はこちらとかコイツという過去レシピがあります。過去レシピはいずれも鶏肉だったんですが海産物が合わないわけがないということでイカを合わせてビンゴの本日。イカの飾り切りは販売形態として最初から入っているのですが、ローカル資本のスーパーで冷凍で買えるイカは基本的に皆この形状だったりします。里芋には味をしみこませたい、イカは煮込みすぎると小さく硬くなりやすい、両立のため完全に違うタイミングで火を通し、イカに味が入りにくい分は煮汁のとろみでカバー。なお下ゆでした里芋の洗い加減でとろみが変わるので、とろみの状態を見極めてから片栗粉の量を決めます。

 もう一丁はにんじんのグラッセです。

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。




 正月モードにも耐えていた日本よりはマシなのだろうか。


 耐えるしかない前提で書いていること自体がアレですけど。



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

里芋とイカのオイスターソース煮 ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる