ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS さといものフライドポテト

<<   作成日時 : 2013/12/24 01:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 業務連絡から入りますが翌々晩の夜中料理は仕事の関係でお休みいたします。翌晩の夜中料理をラブリーな私用のためお休みしますと書けないのは中国のクリスマスが日本より淡々としているからではなくひとえに私のふがいなさによるものだったりするのですが、日本では休日のはずのこの日も普通に働いている立場にどうか同情するならラブリーをくれと支離滅裂に身も蓋もないつぶやきを書いて今夜もひとり、夜中に料理します。

 クリスマスオードブル、の予定もないのでフライド里芋。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:副菜ならひとりぶん)
 さといも…中3個(卵型近似でφ44×h65MM、計約215g)
 薄力粉…適宜(例として大さじ1弱くらい)
 揚げ油…適宜

(作り方)

(1)里芋は厚めに皮をむいて1cm角くらいの拍子木切りにします。切ったそばから薄力粉をまぶしてはたき、粉が落ち着くまで5分くらい待ってスタンバイ。

(2)といっても後は揚げるだけ、150〜160℃の油に入れたらちらほらと揚げ色がつく程度まで揚げて完了。えいっと盛りつけます。

画像


 分類が揚げものじゃなかったら確実にスーパーシンプルメニューの本日。薄力粉をまぶすのは揚げるときに芋同士がくっつかないように。粉をまぶしてから少し待つのは、里芋の水分で粉が少し湿ってはがれにくくなるからです。何をつけて食べるかですがシンプルに塩が安定したおいしさ、だけど更においしいのは醤油。またフライドポテトらしくケチャップも超・おすすめです。塩にプラスするアレンジものだと山椒や七味といった和食っぽいものよりカレー粉・チリパウダーといったフライドポテトのイメージでチョイスしたものの方が合います。なおたまたま手元になくて試せず残念なのは磯辺揚げの組み合わせになる青海苔。変化球で試してほしいのは粒マスタード、違いの分かるオトナのおつまみです。ポイントというか注意点は揚げすぎないこと、全面きつね色だとただカリカリ食感の比率が高すぎてほくほくもねっとりも損なわれてしまうので。

 もう一丁は塩鮭です。

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。




 イブの予定ですか? 家でひとりで料理してます。


 聞かなきゃよかったという顔をした通訳さんに申し訳ない。



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

さといものフライドポテト ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる