ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 法式老“女乃”洋芋(雲南風フレンチマッシュポテト)

<<   作成日時 : 2013/12/20 01:33   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 業務連絡から入りますが年内の夜中料理は来週いっぱいの予定です。また来週の水曜日、おそらくブログ記事的には26日になるだろう日の夜中料理はお休みします。日本と雰囲気は違うものの中国も民間企業の多くが12月決算なので中国なりに年末は慌ただしかったりするわけですが街の雰囲気はかなりふつうモード、落ち着いた目で日本の年末特番を見るのは妙な気分だと浸りながら今夜もひとり、夜中に料理します。

 年末らしからぬチャラさで、老奶洋芋です。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:副菜2人前くらいのひとりぶん)
 じゃがいも…大1個(俵型近似でφ55×h115MM、約270g)
 パセリ(ドライ、ブロークンリーフ)…全部で小さじ1/2
 牛乳…小さじ1+1/2
 生クリーム…小さじ1+1/4
 塩…適宜(例として小さじ3/16)
 あらびきブラックペッパー…好きなだけ
 炒め油…発酵バター(有塩)20g
 ほか分量外…じゃがいもをゆでる水が500mL

(作り方)

(1)ジャガイモは皮をむいて4〜6等分し、分量外の水と一緒に鍋に入れて強火にかけます。沸騰したら弱火にし、串がスッと通るまでゆでたら火からおろしてお湯を捨てます。しっかり水気を切り、木べら等で粗くつぶしたらスタンバイ。

(2)深めのフライパンにバターで中火、ゆで上がったジャガイモにバターをなじませます。それなりに混ざったら牛乳と生クリームを加えて同様に混ぜ合わせ、塩とブラックペッパーで味を調えたらドライパセリを混ぜ込んで完了。盛りつけてダメ押しのパセリとブラックペッパーを振ります。

画像


 雲南料理、老奶洋芋の紹介はこちら。アレンジしやすい作法なのでイタリアンぽく作ったのがコイツ。そして法式というのは中国語でフランス風のこと、というわけで洋食のつけあわせみたいな構成で作る本日です。牛乳の補強で生クリームをブレンドしていますが、ややさらっと仕上げたい時は牛乳100パーセント、これでもかとリッチにしたければ生クリーム100パーセントで。分量はジャガイモ100gに対して小さじ1が目安です。ジャガイモの形状が不均一なので塩さえある程度均一に混ざっていれば大丈夫、生クリームやバターの風味の均一さを重視するあまりジャガイモを崩しすぎてしまうより、フライパンの工程は勢いで仕上げるくらいの方が好感の持てる仕上がりになります。無理矢理カタカナ、法式老奶洋芋はファー・シー・ラオ・ナイ・ヤン・ユウ。

 もう一丁は焼きベーコンです。

画像


 モーニングのAセットはこれにスクランブルエッグとサラダ、トーストとコーヒーがつきます。嘘です。絵柄的に何となく書いてみたくなっただけです。

 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。




 モーニングBセットのラブリーつきをお願いします。


 お客さま、勘違い野郎はとっとと出ていけでございます。



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

法式老“女乃”洋芋(雲南風フレンチマッシュポテト) ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる