ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 甘藍菜とピーナッツの酢醤油炒め

<<   作成日時 : 2013/11/13 01:37   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

 業務連絡から入りますが明晩は夜中料理をお休みいたします。毎度おなじみの書き出しではあるものの実際は業務でも何でもない、そんなことは書いている本人も見ているヒマなあなたもよくご存じのことと思います。つけ加えれば曜日は確定していないのですが来週も前半3日のうちどこか2日がお休みの予定です。破れてしまった金魚すくいよりも救いようのない不毛なお知らせだけで今夜もひとり、夜中に料理します。

 前夜に引き続き甘藍菜、今夜はパッと見シンプルに。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:2人前くらいのひとりぶん)
 甘蓝菜(甘藍菜)…約210g
 落花生(生というか乾物)…50g
 赤とうがらし…1本
 しょうゆ…大さじ1+1/2
 穀物酢…大さじ1
 炒め油…ピーナッツオイル大さじ2
 ほか分量外…落花生をゆでる熱湯500mL

(作り方)

(1)落花生は分量外の熱湯で15分ゆで、ザルで水気を切って触れる温度まで冷めたら手でちまちまと皮をむきます。甘藍菜は根元をちょっとだ切り落として茎の部分は5cm見当、葉っぱの部分はもう少し長めに切ります。唐辛子は小口切り、調味料は全部手元にスタンバイ。

(2)深めのフライパンにピーナッツオイルで強火、まず落花生を炒めます。焦がさないよう動かしながら炒めつつ、それでもちらほらと焼き色がついてきてパチン、パチンとはじけ始める程度まで炒めたら唐辛子を入れてざっと混ぜ、更に甘藍菜を入れて炒め合わせます。

(3)甘藍菜がしんなりしたら醤油をじゅわっと入れ、全体が均一になるよう炒め合わせます。最後に火を止め、お酢を入れたら余熱で炒め合わせて完了。えいっと盛りつけます。

画像


 かつてナッツ類を使ったこういう炒めものを作ったことがありますが、この時はおつまみ用のローストナッツを使いました。こちらでは未加熱の状態で乾物として売られている落花生、中華の王道・油通しは面倒っぽかったので下ゆでした本日。醤油&お酢&赤唐辛子というのは油炒めと組み合わせることで微妙に和風ドレッシングっぽくなる組み合わせ、さっぱりしていてもりもり食べられます。お酢は120℃くらいで蒸発するので火を止めてから最後に余熱で。なおシンプルに見えますが落花生の下ごしらえが面倒なので、実際はシンプルメニューと呼べなかったりします。

 その落花生、こんな感じで売られています。

画像


 中国でも落花生で通じますが、より一般的なのは花生という呼び方。レシピの補足になりますが、ゆで時間15分だと非常に中途半端な柔らかさにゆであがります。その代わり、強火で炒めても焦げる前に水分が飛んでカリッとした歯ごたえが戻ります。そこそこの規模以上のローカル系スーパーなら乾物コーナーで普通に売っているポピュラーな素材みたいです。恒例、落花生の無理矢理カタカナはルオ・フア・シェン。

 もう一丁は近所のスーパーで売ってたチャーシューみたいなの、それから今週の常備菜の四喜烤麸です。

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。




 落ちた花から生まれる、それが落花生。


 こちらオチもない華もない生産性もないブログでございます。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
Zuki さんこんばんは!
先日、千葉の方から泥つきの落花生いただきまして。
生まれて初めて茹でてみました!
20分以上茹でてからそのまま冷めるまでひたしておいたので、膨らんで凄いことになってましたが、柔らかくむっちりしていて美味しかったです〜!
落花生メニューに思わず興奮してしまいました、ごめんなさい〜!
みんみん
2013/11/13 19:58
みんみんさんこんばんは、コメントありがとうございます。そうなんですよね、千葉ではゆで落花生ってポピュラーなんですよね。千葉県境に近い茨城県に住んでいたので分かります。

冷めるまでゆで汁につけておくことで塩もきっちり入るし独特の食感も生まれる。それでいてピーナッツの風味は残るので、枝豆に負けない破壊力がありますよね。私も大好きです。
Zuki
2013/11/15 01:25
始めまして〜!
お野菜たっぷりだし、美味しそうですね〜。
参考になります。ポチ!
応援します。
夕顔とひまわり
2013/11/15 07:58
夕顔とひまわりさん初めましてこんばんは、コメントありがとうございます。

えー、実のところ常に「野菜食えよ、野菜」って言われてるような感覚なので、いつの間にか野菜たっぷりになっているのかも。酢醤油炒めはやってみるとおいしいですよ。これからもよろしくです。
Zuki
2013/11/21 02:03

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

甘藍菜とピーナッツの酢醤油炒め ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる