ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS ほうれん草のしめじベーコンあんかけ

<<   作成日時 : 2013/11/07 01:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

 対義語という言葉があります。正道の対義語は邪道という奴ですが、邪道から見ても正道から見ても成立する組み合わせであることがお約束です。だから正確には本道の対義語は間道、王道の対義語は覇道、更に外道は本来仏教用語で対義語は仏道なのだとかいうお約束もあったりします。ただし今見ても今後正しく使える自信は全くないですと無責任に言い放って今夜もひとり、夜中に料理します。

 この材料でこの料理。邪道、上等。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:普通にひとりぶん)
 ほうれん草…150g(平均L195mm×10株)
 ベーコン…約80g(W50×L220mm×3枚)
 しめじ…約75g
 塩…少々(例として小さじ1/10くらい)
 あらびきブラックペッパー…好きなだけ
 ブイヨンキューブ+お湯…ブイヨンとして125mL
 水溶き片栗粉…片栗粉小さじ1+水大さじ1
 ほか分量外…ほうれん草を下ゆでする熱湯1,000mL+塩小さじ1、さらす水が適宜

(作り方)

(1)ベーコンは7mm〜1cm幅くらいの短冊に切ります。しめじは根元を切り落として適当にばらします。ブイヨンと調味料類を用意してスタンバイ。

(2)分量外の塩を入れた熱湯でほうれん草をゆでます。葉っぱが全体的に濃い緑色に変わるまで(目安として3分30秒)ゆでたら冷水に取り、ぎゅっと絞って大体4cmの長さに切っておきます。

(3)最後はあんかけ、ブイヨンを入れた鍋を強火にかけ、沸いたらベーコン、再沸騰したらしめじをゴロゴロと入れます。更に再沸騰したら塩で味を調え、水溶き片栗粉でとろみをつけたらブラックペッパーで味を引き締めて完了。ほうれん草を盛りつけた器にあんをダッとかけます。

画像


 この材料の組み合わせなら、普通は炒めものの一手です。安易ですけどシンプルで簡単、失敗しないおいしさ。しかしそれではブログとしてのアイデンティティが揺らいでしまうので、邪道を承知で変化球攻めの本日。などといってももともと相性の良い組み合わせ、ほうれん草は塩を入れて下ゆでしているとはいうものの味つけしているというほどではないので、あんかけを少し濃いめに味つけするのがポイントというほどでもないポイント。ベーコンからも塩味が出るので必ず味見してから塩を加減します。

 もう一丁はスーパー安易に冷凍ミックスベジタブル。

画像


 中国に来てからはこういうものも使っています。ないよりはるかにマシですし、日本時代もこだわりがあって避けていたわけではないので。ちなみにバター醤油で炒めています。

 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。

 


 夜中料理野郎の対義語って何なんでしょうね。


 ランチ外食女子? いや逆が成り立たないとダメですから。


 さわやかなイケメン、ってそれ言いますか。泣いていいですか。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

ほうれん草のしめじベーコンあんかけ ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる