ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 里芋と豚バラの煮物

<<   作成日時 : 2013/11/04 01:16   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 日本では3連休の11月、月初のお約束で2013年も6分の5が過ぎてしまいましたと書き出す夜中料理野郎です。私と同じころに上海にやってきたSNH4○の日本人ですら通常の劇場公演を始めたというのに、こちとら本格的に中国語を勉強する準備どころかやる気すら起きていない体たらくだったりします。ローカル市場で変に通じてしまうのが悪いのですと言いわけをして今夜もひとり、夜中に料理します。

画像


 上海だけどすっごく日本風、里芋と豚バラで。

 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:翌日以降は常備菜になるひとりぶん)
 芋头(さといも)…大きめ10個(φ43×H60mm、計約750g)
 豚バラブロック肉…約200g(W50×L175×T24mm)
 かつおだしの素+お湯…だし汁として450mL
 しょうゆ…大さじ5
 さとう…大さじ4
 みりん…大さじ2
 柚子の皮…見映え程度
 ほか分量外…つけあわせの野菜類を適宜、豚バラを下ゆでする熱湯1,000mL、里芋を下ゆでする水1,200mL+洗う水が適宜

(作り方)

(1)豚バラは12等分くらいの大きさに切り、分量外の熱湯で3分ほど下ゆでしてザルで水気を切っておきます。里芋は厚めに皮をむいてスタンバイ。

(2)さといもを下ゆでします。分量外の水と一緒に鍋に入れて弱めの中火にかけ、沸騰したら弱火、泡を除去しながら10分ゆでます。ゆで終わったら水道に持っていき、水を入れて冷まします。ぬるめのお風呂くらいの温度になったら1個ずつ、ぬめりを洗いながら取り出します。

(3)ここからが本番、鍋にだし汁250mLと醤油・砂糖・みりんを入れて煮立て、ひとまず火を止めて里芋を並べ、隙間に豚バラを入れます。改めて強火で再点火、沸騰したらごく弱火に落とし、真ん中に切り込みを入れたキッチンペーパーを落としぶたとしてかぶせ、更にその上から着せ蓋(普通のふた)をします。

(4)後は煮込むだけ、10分おきくらいに着せ蓋を取って焦げつかないよう鍋を動かし、煮汁が少なくなっていたら残りのだし汁を適宜追加します。ペースを守って1時間くらい煮込んだら、最後は落としぶたも取って煮汁が少なくなるまで煮っ転がして完了。つけあわせの野菜類と一緒に盛りつけ、あれば刻んだ柚子の皮をあしらいます。

画像


 日本でも中秋の名月に供されるように、上海でも9月の中旬くらいから出回る里芋。日本だと直売所とか詰め放題みたいなところでない限り袋に入った一定量のものを買うのですけど、こちらのローカル市場は1個1個選びながらの量り売りなので、いいものだけ形や大きさをそろえてを買えるのが嬉しかったりします。作り方としては煮っ転がし角煮のハイブリッドみたいな本日。煮汁が多くて芋が浮かぶようだと芋同士がぶつかりあって簡単に煮崩れるので、面倒でもだし汁を追加しながら仕上げます。なお里芋は中国語だと芋头、头は「頭」の略字です。無理矢理カタカナはユー・トウ。

 もう一丁はターサイをチャラッと炒めたの。

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。




 市場で通じるといっても、話すのは量と値段くらいです。


 日本人ですとすら言えない怪しい外国人が上海にいます。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

里芋と豚バラの煮物 ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる