ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS エビと枝豆のとろみ仕立て

<<   作成日時 : 2013/08/02 01:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 ベクトルという言葉があります。社会人になると物理学的・数学的な意味よりも皆でベクトルを合わせよう、とかいう感覚的な言葉として耳にする機会の方が多かったりするわけですが、そもそもスカラー量として微々たる夜中料理野郎のやる気など方向性を合わせなくても大勢に影響ないのにと思うことはもっと多かったりします。無理に合わせなくても長いものには巻かれますからと主体性のなさを披露して今夜もひとり、夜中に料理します。

 たっぷりのエビ風味を中華のベクトルに。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:オトコのがっつりひとりぶん)
 むきえび(冷凍を解凍)…約175g
 えだまめ(さやから出したもの)…約180g
 エリンギ…中1本(φ35mm×L90mm、約50g)
 しょうが…1片(約15g)
 中華スープの素+お湯…スープとして200mL
 うすくちしょうゆ…小さじ1/2
 あらびきブラックペッパー…好きなだけ
 水溶き片栗粉…片栗粉大さじ1/2+水大さじ1
 炒め油…ごま油大さじ1+サラダ油大さじ1/2
 ほか分量外…枝豆を下ゆでする熱湯1,000mL+塩小さじ1

[エビの下ごしらえ]
 塩…小さじ1/2
 水…大さじ2
 片栗粉…大さじ1
 紹興酒…大さじ1+1/2
 洗う水…適宜

(作り方)

(1)枝豆は分量外の塩を入れた熱湯で3分30秒下ゆでしたらザルで水気を切り、触れる温度になったら薄皮をちまちまとむきます。

(2)エビは背ワタを取ってボウルに入れたら下ごしらえ用の塩を振り、よく混ぜてから水を入れてさらによく混ぜ、そこに片栗粉を入れてよく混ぜていると片栗粉に汚れが移るので、大量の水でしっかり洗い流します。水気をしっかり切ってから紹興酒を入れ、よく混ぜたらラップをして冷蔵庫に入れ、他の材料の準備が済むまでなじませておきます(実際はこの待ち時間で枝豆をむいています)。

(3)エリンギは2等分の長さに切り、3mm〜5mm角くらいを目安に手で裂きます。生姜は千切り、中華スープとその他の調味料、水溶き片栗粉まで用意したらエビの汁気を念入りに切ってスタンバイ。

(4)深めのフライパンにサラダ油とゴマ油で中火、生姜を炒めます。香りが出たらエビを入れ、火が通るまで炒めます。そこにエリンギを入れてザッと炒め、油が回ったら枝豆もザラザラと投入。ザッと炒め合わせたところで中華スープを注いで煮立て、薄口しょうゆとブラックペッパーで風味を調えたら水溶き片栗粉でとろみをつけて完了。えいっと盛りつけます。

画像


 枝豆が少なければまんまスープメニュたーと思います。安物の冷凍解凍とはいえ、ここまでがっつりエビを使えばスープも含めてどこまでも海老風味。それでも味つけがシンプルかつ生姜のさっぱり感が出るので、中華風でもガッツリというより上品な仕立てと言える本日です。下ごしらえは面倒ですが、チャラッと炒めてスープを入れ、味つけしておしまいという簡単レシピ。エビを紹興酒に漬けておくのは安物の冷凍解凍品を少しでも風味よくするための小細工なので、質と鮮度の高いエビが手に入るなら片栗粉で洗うところまででOKです。

 もう一丁はパプリカの甘酢漬け(洋風)

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。




 オイラの明日はどっちに向いているんだろう。


 まさか大陸に向いていたとは赴任するまで知りませんでしたが。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

エビと枝豆のとろみ仕立て ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる