ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS にんじんしりしりー・バージョン5(バターしょうゆバルサミコ)

<<   作成日時 : 2013/08/26 01:54   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 日本ではそろそろ夜中料理野郎と同じようなダメ人間の候補かもしれない小学生が溜まった宿題に苦しむ季節、そんな去る週末は夜中料理野郎の誕生日でした。日本時代も週末が誕生日だと祝ってくれるのは通販とかのメールだけだったりしたわけですが、そういうものの大部分がリセットされた上海生活ともなると本当に普通の日だったりします。感慨もへったくれもなくひとつ年老いたノー炊飯器野郎が今夜もひとり、夜中に料理します。

 誕生日メニュー(嘘)、にんじんしりしりーです。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:常備菜として仕込むひとりぶん)
 にんじん…200g(φ38×L180mmの1+1/2本)
 ツナ缶(油漬)…小1缶(80g)
 たまご…M玉1個(約65g)
 けずりぶし…ミニパック1袋(3g)
 塩…適宜(例として小さじ1/8くらい)
 あらびきブラックペッパー…好きなだけ
 しょうゆ…小さじ1/2
 バルサミコ…小さじ1/2
 日本酒…大さじ1
 炒め油…バター30g

(作り方)

(1)にんじんは皮をむいて4〜5cm長さの千切りにします。ツナ缶は油を念入りに、絞る感じでしっかり切っておきます。しょうゆ・バルサミコ・日本酒はあらかじめ混ぜておき、卵を割りほぐしてスタンバイ。

(2)フライパンにバターで弱めの中火、にんじんを炒めます。千切りの太さや火加減にもよりますが2分半〜4分くらい、焦がさないよう混ぜながらしんなりするまで炒めます。

(3)にんじんがしんなりしたらツナを加えてザッと炒め合わせ、塩とブラックペッパーで下味をつけます。そこに混ぜておいたしょうゆ・バルサミコ・日本酒を加え、均一になるよう炒め合わせます。最後に溶き卵を回し入れて均一にからむよう炒め合わせたら削り節を混ぜ込んで完了。備蓄分を取り分けてから盛りつけます。

画像


 にんじんしりしりー自体は上海に来てからも作っているのですが、千切りニンジンとバターという組み合わせは実のところガレットで相性を確認済みだったりします。しかも日本では反則クラスの発酵バターが比較的気軽に使える上海、やってみたらコレが大当たり。醤油だけでもいいですが、半分くらいバルサミコに置き換えるとバターとコラボしてブラボーな風味。いつもだと泡盛のところを日本酒にしているのもバターとの相性です。醤油とバルサミコはどちらかというと風味づけなので、味は塩で決めます。レシピの量だとにんじんの甘さが引き立つ薄味、倍くらい入れるとパンチ力のあるごはんのおかず。ただしバターとツナ、削り節にも塩気があるので最初は少なめ、足りなかったら食べるときに足すくらいの感覚で。

 もう一丁はベーコンエッグ。ブレックファーストか!欧米か!(古い)

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。




 そしてまたひとつ馬齢を重ねていきます。


 それでも老いていくとは書きたくない。気分の問題ですけど。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

にんじんしりしりー・バージョン5(バターしょうゆバルサミコ) ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる