ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS いんげんとえのきと豚肉のカレーオイスター炒め

<<   作成日時 : 2013/07/12 00:54   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 業務連絡から入りますが来週・再来週と仕事が立て込んでいるため来週は少なくとも火曜日、状況次第で水曜日も夜中料理をお休みします。再来週は前半が確実にお休み、後半も確約できませんと今のうちにお断りを入れさせていただきます。まあ普段がちんたらなので立て込んでいるといってもたかが知れてはいるのですがといかにもな方向にまとめて今夜もひとり、夜中に料理します。

 チャラッとカレーオイスター。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:1.5人前くらいのひとりぶん)
 豚バラ薄切り肉…約125g
 いんげん…約150g(L200mm×17本)
 えのき…約70g
 にんにく…みじん切りで大さじ1/2くらい(小2片、約7g)
 塩…肉の下味に小さじ1/10くらい
 あらびきブラックペッパー…肉の下味に少々
 カレー粉…小さじ1
 しょうゆ…大さじ1/2
 オイスターソース…大さじ1
 紹興酒…大さじ1
 水溶き片栗粉…片栗粉小さじ1+水大さじ1
 炒め油…サラダ油大さじ1+1/3
 ほか分量外…いんげんを下ゆでする熱湯1,000mL+塩小さじ1

(作り方)

(1)いんげんは5cm〜6cmの長さに折り、分量外の塩を入れた熱湯で3分30秒ゆでたらザルで水気を切っておきます。

(2)豚肉は食べやすい大きさに切り、下味の塩とブラックペッパーを振っておきます。えのきは根元を切り落としてから半分の長さに切り、根元側は適当にばらします。にんにくはみじん切り、醤油・オイスターソース・紹興酒はあらかじめ混ぜておきます。カレー粉と水溶き片栗粉も用意してスタンバイ。

(3)深めのフライパンにサラダ油で強火、豚肉を炒めます。広げながら表裏きっちり火を通し、えのきを入れてザッと炒め合わせます。そこにニンニクとカレーを入れ、見た目が均一になって香りがしっかり立つまで炒め合わせます。

(4)最後は仕上げ、いんげんを入れてザッと炒め合わせたら混ぜておいた醤油・オイスターソース・紹興酒をダッと注ぎ、紹興酒のアルコールが飛んでオイスターソースを炒める香りが漂い出したら水溶き片栗粉でがっちりとろみをつけて完了。えいっと盛りつけます。

画像


 全て上海で買える素材でまかなえる構成の本日ですが、カレー粉については日本のものです。ただ中国の人もカレー味は好きらしく、ローカルのスーパーでも当たり前のようにカレー粉は置かれています。肉とカレー粉をしっかり炒め合わせる、オイスターソースもしっかり炒めて香りを立たせるのがこのレシピのお約束。とろみは好みといえば好みなんですが、別路線でゆでるインゲンにしっかり味がからむので。

 もう一丁はクーブイリチーです。

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。




 仕事じゃなくてラブリーに立て込んでほしいと思っています。


 携帯ゲームでもやってろと言われそうですが。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

いんげんとえのきと豚肉のカレーオイスター炒め ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる