ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 巴沙魚の海老入りしんじょ・かきたまのあんかけ仕立て

<<   作成日時 : 2013/06/17 01:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 梅雨入りしたどんより空に加えて真夏日だった本日の上海、ちょっと外を歩くだけで汗だくになってしまう蒸し暑さに日本も中国もそういうところは同じなのかとげんなりする夜中料理野郎です。ヒトとして暑苦しいことは人一倍承知しているはずなのに夏本番を控えてどうやって過ごして、いややり過ごしていこうかと微妙にやる気を問われる表現を駆使して今夜もひとり、夜中に料理します。

 ザ・ニッポンを上海で手に入るもので。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:オトコのひとりぶん)
 むきえび(冷凍解凍)…約50g(例としてφ3cmが7尾)
 巴沙魚…約100g(半身1/2切)
 塩…小さじ1/5くらい
 たまご…M玉1個(約60g)
 片栗粉…大さじ1
 しょうがの絞り汁…小さじ1/2
 和風だしの素+お湯…だし汁として180mL
 うすくちしょうゆ…小さじ1
 みりん…小さじ1
 水溶き片栗粉…片栗粉小さじ1+水小さじ1
 ほか分量外…成型するときのサラダ油が小さじ1/2くらい、しんじょをゆでる熱湯1,000mL+塩小さじ1/2+日本酒大さじ1、見映えの青みを適宜

(作り方)

(1)卵は卵黄と卵白に分け、卵白を小さじ2だけ採取したら残りを合わせて溶き卵にしておきます。エビはキッチンペーパーで念入りに水気を取り、少しだけ食感が残るくらい、粗みじん切りよりもう少し粗い細切れにします。巴沙魚もキッチンペーパーで念入りに水気を取り、タマネギのみじん切りを作る要領で細かくし、最後に包丁の腹などでつぶすような感じですり身にします。

(2)ボウルに巴沙魚のすり身を入れ、塩・小さじ2の卵白・しょうがのしぼり汁を入れてよくこねます。そこに片栗粉を加えて均一になるよう更にこね、最後にエビを入れて均一に混ぜ合わせたらタネのスタンバイ。

(3)鍋に分量外の酒と塩を入れた熱湯を沸かし、沸騰したら弱火にします。手に分量外のサラダ油をつけながら大体6等分くらいの感覚でタネを丸く成形し、鍋に投入していきます。2〜3分して浮き上がってきたらできあがりなので、穴あきおたまなどで回収して器に盛りつけておきます。

(4)最後はあんかけ、だし汁の入った小鍋を強火にかけて煮立たせ、醤油とみりんで味つけします。水溶き片栗粉を入れてとろみをつけた後、溶き卵を回し入れたらふんわり固まるまで加熱して完了。しんじょを盛りつけた器に注いで見映えの青みを添えます。

画像


 魚介で作るものなのに漢字では真薯、と書くしんじょ。日本だったらもっと凝ったものが作れる半面、買いに行けばいくらでもおいしいのが売ってるのも事実なわけで、手間ひまかけてまで作るようなものじゃないと思っていた料理だったりします。上海でもごく日本的なものを売ってるところに行けばそれなりのものは手に入るのでしょうけど、それなりのものしか手に入らないなら自分で作ってもいいんじゃないの、という感覚で作ってみた本日です。卵白を半端に使うので、余りの使い道として仕立てをかきたまに。総体的には充分おいしいんですけど改良の余地も感じたので折を見てまた作ります。

 もう一丁は切干大根の煮物

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。




 日本だったら、と思わないでもないです。


 まあ日本だったらそもそも作らないんですけど。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

巴沙魚の海老入りしんじょ・かきたまのあんかけ仕立て ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる