ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 枝豆のニース風サラダ

<<   作成日時 : 2013/06/26 01:40   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 早く帰れる日に限って猛烈な夕立、上海の夏は雷がすごいですよと言われてはいたものの実際に遭遇してみるとマジですかこのレベルが日常茶飯事なんですかと言いたくなる雷雨の鳴りっぷり振りっぷりだったりします。傘をさしてはいても膝から下は壊滅状態、歩くたびにぽきぽきと素麺でも折るかのごとく簡単にココロの折れる音が聞こえますとやる気のなさを披露して今夜もひとり、夜中に料理します。

 雨模様、地中海風で憂さ晴らし。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:ガッツリ2人前だと思うひとりぶん)
 枝豆…さやから出した状態で約135g
 トマト…中3/4個(φ70×H60mm、約170gの3/4個)
 たまねぎ…中1/4個(φ80×H80mm、260gの1/4個)
 たまご…S玉相当1個(約55g)
 ブラックオリーブ(種なし)…5粒(約12g)
 アンチョビ…フィレ2切
 ほか分量外…枝豆を下ゆでする熱湯1,000mL+塩大さじ1、たまねぎをさらす水350mL、たまごをゆでる熱湯750mL+さらす冷水が適宜

[ヴィネグレット]
 白ワインビネガー…大さじ1
 粒マスタード…小さじ1
 はちみつ…小さじ1/2
 塩…適宜(例として小さじ1/5くらい)
 あらびきブラックペッパー…好きなだけ
 オリーブオイル…大さじ1+1/2

(作り方)

(1)さやから出した枝豆は水でザッと洗ってザルで水気を切り、分量外の塩を入れた熱湯で3分15秒ゆでたらザルで水気を切って自然空冷し、冷めたらちまちまと手で薄皮を除去します。

(2)冷蔵庫から取り出したばかりの卵を熱湯に入れてジャスト9分ゆで、冷水にとって冷ましたら殻をむいて6等分します。

(3)タマネギは粗みじん切りにして分量外の水に10分ほどさらし、ザルでしっかり水気を切っておきます。

(4)トマトは1.5cm〜2cmくらいの角切り、オリーブは小口切りっぽい輪切り、アンチョビは細かく刻みます。ヴィネグレットの材料を全部混ぜたらスタンバイ。

(5)といっても後はあえるだけ、ゆでたまご以外の材料を全部ボウルに入れて均一になるようさっくり混ぜ、ラップをしたら冷蔵庫で20分くらい冷やして完了。盛りつけてゆでたまごをあしらいます。食べるときはスプーンで豪快に。

画像


 ニース風サラダの基本というか、それなりにオーソドックスに作っている過去レシピはこちら。トマトとかオリーブとか南仏っぽい素材も大前提ですが、粒マスタードの入ったヴィネグレット(Vineigrette)というドレッシングとゆでたまごが必須アイテムなのがニース風。枝豆が細かいので他の材料も細かくしてマリネというかサルサっぽい感じで作る本日、あまり長い時間なじませているとタマネギやトマトから盛大に水分が出てしまいます。味つけはそこも多少加味してはいるのですが、冷蔵庫に入れる時間はなじませるというより冷やすくらいの感覚で。

 もう一丁はスズキのソテー。

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。




 南仏で遊びほうけられたらいいのに。


 雷に打たれてしまえ。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

枝豆のニース風サラダ ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる