ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 菜芯とささみのクリーム煮

<<   作成日時 : 2013/06/20 01:46   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 夜中料理野郎の家では日本のテレビ番組が視聴できるのですが、イケメンで学があればさっぱり分からないとか実に面白いとか言っているだけで女優さんみたいな刑事さんにつきまとってもらえるのかと間違った認識が植えつけられそうになったりします。無造作に真似すれば少なくとも警察につきまとってはもらえそうですが考えるだけ不毛な可能性を書き並べて今夜もひとり、夜中に料理します。

 中国野菜、菜芯。ちょっとだけ洋風のクリーム煮です。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:成人男子のガッツリひとりぶん)
 菜芯…約145g
 鶏ささみ肉…約120g(やや小ぶり3本)
 生クリーム…大さじ3
 牛乳…大さじ3
 ブイヨンキューブ…ブイヨン100mL相当分
 塩…適宜(例として小さじ1/4弱くらい)
 あらびきブラックペッパー…好きなだけ
 水溶き片栗粉…片栗粉小さじ1+水小さじ1
 ピンクペッパー…見映え
 炒め油…サラダ油大さじ1+1/2

(作り方)

(1)菜芯は5cm長さくらいに切り、太い茎の部分は小松菜の茎くらいを目安にタテに細く切ります。ささみはそぎ切りにします。生クリームと牛乳はあらかじめ混ぜておき、そこにブイヨンキューブも溶かしておきます。水溶き片栗粉を用意してスタンバイ

(2)深めのフライパンにサラダ油で中火、ささみを炒めます。しっかり火が通るまで炒めたら軽くブラックペッパーを振り、菜芯を入れてさらに炒めます。葉っぱがしんなりするまで炒め、生クリーム+牛乳+ブイヨンキューブをじゅわっと投入。均一になるよう炒め合わせ、塩で味を調えたら水溶き片栗粉でとろみをつけて完了。盛りつけて、見映えのピンクペッパーを散らします。

画像


 菜芯の説明については初出のこちらを。茎の太い小松菜という認識なので、菜芯のところを小松菜に置き換えれば日本的に見てもごくオーソドックスな内容だったりします。モモ肉なんかだと肉からも味がガーンと出るのですが淡白なささみなのでブイヨンキューブでしっかり補強する本日。菜芯から出る水分でどうしてもとろみがゆるくなるので、作るときはしっかりとろみをつけるのがコツというか計算。

 使用している生クリームはこちら。

画像


 バターの時にも出てきましたが、フランスはプレジデ○ト社のものです。たぶん日本でこれの価格を知っている人からはこんな料理に使うなと怒鳴られそうなのですが、こちらでは関税が違うので他の輸入品と比べても大差ない価格だったりします。日本時代に使っていたものに比べると、乳脂肪分は同じくらいのはずなのに濃い感じ。重厚さとして歓迎するか、今どきっぽい洗練とは逆方向と考えるかは難しいところです。

 もう一丁は切干大根です。

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。




 濃厚さがおいしさです。


 人生が薄味なのは見て見ぬふりをします。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

菜芯とささみのクリーム煮 ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる