ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 豆苗の鶏そぼろあんかけ

<<   作成日時 : 2013/05/14 01:25   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

 駐在員らしい急な理由で昨晩の夜中料理をお休みさせていただきました。呼び出されたのは買物を済ませた後だったので作りたくても材料がないという事態には陥っていない反面、週の初めからいきなり材料が一食分過剰だったりするわけで、やりくりに四苦八苦しているのも事実だったりします。一日だけ弁当男子にでもなろうかとごはんも炊かないくせにうそぶいて今夜もひとり、夜中に料理します。

 中華ではこの時期でも出回る豆苗で。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:男のひとりぶん)
 豆苗…約150g
 鶏ひき肉…55g
 長ねぎ…みじん切りで大さじ2くらい(φ26×L34mm、約20g)
 しょうが…みじん切りで大さじ1弱くらい(約10g)
 塩…適宜(例として小さじ1/8くらい)
 ごま油…大さじ1/2
 お湯…100mL
 しょうゆ…小さじ1+3/4
 さとう…小さじ1
 日本酒…小さじ1
 水溶き片栗粉…片栗粉小さじ3/4+水大さじ1/2
 炒め油…サラダ油大さじ1/2
 ほか分量外…豆苗をゆでる熱湯1,750mL+塩小さじ3/4、さらす冷水が適宜

(作り方)

(1)豆苗は水でよく洗い、ザルで水気を切っておきます。長ネギと生姜はみじん切りにしてスタンバイ。

(2)分量外の塩を入れた熱湯で豆苗をゆでます。ジャスト2分ゆでたら冷水に取り、ぎゅうぎゅう絞ったらまな板に乗せ、スプーンで食べたくなるサイズに刻みます。刻んだ豆苗をボウルに入れ、塩とゴマ油でしっかりあえたら適当な器にぎゅうぎゅう詰め込み、ひっくり返して盛りつけておきます。

(3)鍋にサラダ油で強火、長ネギと生姜を炒めます。香りが立ったらお湯・醤油・さとう・日本酒を入れ、煮立ったら鶏ひき肉を入れます。肉の色がしっかり変わるまできっちり煮立てたら水溶き片栗粉でとろみをつけて完了。盛りつけておいた豆苗にダッとかけます。食べるときはざくざく崩して混ぜながら。

画像


 青物のあんかけはかつてこんなのを作っていますが、手法的には共通です。風味が強い豆苗にゴマ油で手を加えている分、ひき肉はさっぱりした鶏を採用。野菜を細かく刻んで固めて盛りつけるというのは上海に来てからちらほら目にする中華では常套のスタイルらしいのですが、日本のものより食感の強い豆苗を食べやすくするために刻んだので、ついでにやってみ本日です。ゴマ油であえているので取り出しやすいのですが、そうでない場合は器にサラダ油を塗る等の小技を。なお見えなくなってしまうので、写真ではあんの量が3分の2くらいです。実際は豆苗がまったく見えなくなる量ですが、崩して混ぜるとちょうどいい比率になります。

 豆苗はコレ。

画像


 日本ではカイワレみたいなスプラウトで一年中出回る豆苗。本来の旬は早春なのですけど、上海ではこの時期でも豆苗がばしばし売られています。日本のものより太めで短く、葉っぱも多いし緑色も濃い。おそらくアルファルファと同様、地面にまいて育ったところを摘むか刈るかしているようです。当然ですけど風味が強く、食感は硬めでアクも割と出るという、日本でスプラウトしか見かけない理由が分かる気がする青菜。コイツの時に既出ですけど豆苗の無理矢理カタカナはドウ・ミァオ。

 もう一丁は切干大根です。

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。




 献立が一日ずれたくらいでうろたえています。


 人生の大事な予定がどれだけズレているかは考えたくもない。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

豆苗の鶏そぼろあんかけ ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる