ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS そら豆とひき肉の生姜味噌炒め

<<   作成日時 : 2013/05/02 02:08   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 2 / コメント 0

 業務連絡から入りますが日本のGWとは休日の設定が微妙に異なる中国の労働節休暇の関係で、今週は今晩と翌晩だけ記事を更新します。ただ5連休で学んだことといえば行き当たりばったりでは結局普段の土日に毛が生えたようなことしかできないということだったりするわけで、無為に過ごすという言葉を最終日の夜に思い出しながら今夜もひとり、夜中に料理します。

 ちょっとフライング気味、そら豆で。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:男のひとりぶん)
 そらまめ…豆の状態で約145g(さやつきの状態で約530g)
 豚ひき肉…90g
 おろししょうが…大さじ1+1/2くらい(1.5片、約25g)
 辛くない豆板醤…大さじ2
 紹興酒…大さじ2
 五香粉…ごく微量(耳かき1杯未満)
 炒め油…ピーナッツオイル大さじ1+1/2

(作り方)

(1)そら豆はさやから出して皮をむいておきます。豆板醤・紹興酒・おろし生姜は混ぜた状態でスタンバイ。

(2)深めのフライパンにピーナッツオイルで強火、ひき肉を炒めます。色がしっかり変わるまで炒めたらそら豆を入れて炒めます。そら豆の緑色が鮮やかになるまで(30秒くらい)炒めたら、混ぜておいた豆板醤・紹興酒・おろし生姜をダッと入れます。全体にしっかりからむまで炒め合わせたら五香粉を振って完了。えいっと盛りつけます。

画像


 そら豆・豚肉・味噌味といえば過去にこういう類似レシピがあります。味噌味に生姜どっさりというのも個人的に親しみのある構成ですが、でも何より特徴的なのは「辛くない豆板醤」だったりする本日。辛くないから生姜どっさりというのが可能になるわけで、唐辛子ではなく生姜の刺激が入った豆板醤みたいな感じで作っています。豆板醤がそもそもソラマメの味噌ですから、そら豆との相性は説明不要。

 これが辛くない豆板醤。

画像


 日本では激辛調味料の代名詞のひとつといっていい豆板醤ですが、実のところ現在では辛いものが多数派・主流派であるというだけで、本来の豆板醤は辛くないのだそうです。といっても知識として知っていただけで、現物に遭遇したのは上海が初めてだったりします。言い換えれば上海では成分表示に辣椒(とうがらし)が入っているか、いないかを確認してからでないと買えない(笑)。日本の味噌より塩気が控えめなので、ドンと使って豆味噌の風味を前面に出す構成が可能です。無理矢理カタカナはドウ・バン・ジャン。

 もう一丁はひじきです。

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。




 辛くない豆板醤は上海にありました。


 甘い生活はどこにあるんだろう。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
レイバン ウェイファーラー
そら豆とひき肉の生姜味噌炒め ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/ウェブリブログ ...続きを見る
レイバン ウェイファーラー
2013/07/03 22:31
麻婆条茄(中華長茄子の麻婆茄子)
 業務連絡から入りますが先日軽くお知らせした通り、来週の夜中料理はまるっと一週間お休みです。日本からやってくる出張者の対応と私自身の国内(もちろん中国国内)出張が連続するからで、引っ越しと休暇以外の長期休載としてはこのとき以来だったりします。ほぼ三年前の記事を読み返しながら正直、キャラも文体もまったく成長していないということを痛感しつつ今夜もひとり、夜中に料理します。 ...続きを見る
ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。...
2013/08/30 02:09

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

そら豆とひき肉の生姜味噌炒め ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる