ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 羊肉のしぐれ煮

<<   作成日時 : 2013/04/11 00:50   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

 出張先でも仕事をしているはずなのに出張から帰ってくるとなぜか仕事が溜まっているというのは日本も中国でも同じだったりするわけで、不在時の残務に追われて今日もまた春の日が暮れる夜中料理野郎です。仕事エネルギーは保存されないのに仕事は保存されているという物理学を超えた原理にいつも以上の疲れを感じながら今夜もひとり、夜中に料理します。

 疲れには肉。ああ単純。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:おつまみとして2人前くらいのひとりぶん)
 羊肉(火鍋用薄切り)…約150g
 しょうが…千切りで何となく大さじ2くらい(約20g)
 水…125mL
 日本酒…大さじ2+1/2
 さとう…大さじ2+小さじ1/4
 しょうゆ…大さじ2+1/2
 ほか分量外…見映えの青みを適宜

(作り方)

(1)生姜を千切りにしたらスタンバイ。わお簡単。

(2)小さめの鍋に水・日本酒・砂糖・醤油を入れて強火にかけます。沸騰したら生姜と羊肉を入れます。再沸騰したらアクを丁寧に撮りながら強火でガーッと煮込み続け、汁気が少なくなってきたら鍋をゆすりながら焦げつく寸前まで煮詰めきって完了。粗熱が取れてから見映えの青みを添えて盛りつけます。

画像


 盛りつけの量はレシピの半分弱、常備菜みたいな感じで作っています。かつて定番の牛肉で作ったしぐれ煮はこちら、アクを取るために水を足す作法は変わっていませんが、調味料の量は改良を経て濃いめにシフトしている本日。中国では(火鍋用の薄切りなら)手軽に手に入るので、克服レシピというわけではありませんが佃煮級の濃い味つけと生姜で比較的食べやすくなっていると思います。ただ弱点は火鍋用の肉なのでどうしても脂の乗った肉が多いこと。特に羊の脂肪は融点が高いので、ちょっと冷めるとどんどん固まってきてしまいます。まあその辺は次回に向けて改善ということで。

 もう一丁はひじきです。

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。

 


 できればラブリーで疲れを癒したい。


 現実は夜中に羊を数え、いや羊肉を量っています。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

羊肉のしぐれ煮 ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる