ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 豌豆(えんどう豆)のタッカルビ風

<<   作成日時 : 2013/04/25 01:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

 上海では現在、モーターショーが開催されています。なぜこんな書き出しなのかというと、夜中料理野郎の住まいはサービスアパートメントなのですが空き部屋はホテル的な貸し出し方をしているらしく、朝のロビーでモーターショーのコンパニオンと思われるお嬢様方を目撃していたりするからだったりします。目撃しているだけで何もできていませんがとお約束のヘタレっぷりを披露して今夜もひとり、夜中に料理します。

 旬のえんどう豆、本日は韓国風。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:普通は1.5人前くらいのひとりぶん)
 鶏むね肉…約95g
 豌豆(えんどう豆)…豆の状態で約120g
 エリンギ…1本(φ37mm×L90mm、約55g)
 炒りごま(白)…見映え程度
 炒め油…ごま油大さじ1+1/2
 ほか分量外…えんどう豆をゆでる熱湯1,000mL+塩小さじ1、さらす水がたくさん

[合わせ調味料]
 コチュジャン…大さじ1
 韓国産粉とうがらし…小さじ1
 おろししょうが…小さじ1
 おろしにんにく…小さじ1/2
 おろしたまねぎ…1/8玉(φ mm×H mm、約 gの1/8玉)
 しょうゆ…大さじ1/2
 日本酒…大さじ1
 りんごジュース(100%)…大さじ1

(作り方)

(1)合わせ調味料の材料をよく混ぜ、合わせ調味料を作ります。鶏肉はえんどう豆を意識したサイズの角切り/さいの目切りにし、合わせ調味料とは別のボウルに入れます。そこに合わせ調味料を大さじ1くらい入れてよくもみこみ、ラップをして他の材料の準備が済むまで冷蔵庫で寝かせておきます。

(2)分量外の塩を入れた熱湯でえんどう豆をゆでます。ジャスト1分ゆでたら鍋ごとシンクに移し、水をどんどん足して(あふれ放題にして)お湯の温度を下げます。しっかり冷めたらえんどう豆をザルに取り、水気を切ります。エリンギもえんどう豆とバランスが取れるサイズの角切りにしてスタンバイ。

(3)深めのフライパンにゴマ油で強火、鶏肉を炒めます。火が通ったらエリンギを加え、均一に炒め合わせたらえんどう豆をざらざらと入れます。えんどう豆がしっかり温まるまで炒め合わせ、そこに残っている合わせ調味料を全部入れたらしっかりからむまで煮詰める感じで炒め合わせて完了。盛りつけて見映えの炒りごまを振ります。

画像


 本来は鶏の骨つき肉という意味のタッカルビ。骨のイメージどころか影も形もないさいの目切りにしていることから「風」としている本日です。えんどう豆と他の具材のサイズを合わせたくなるのはあのミックスベジタブルとかいうごくごくアメリカンなアレの影響なんだろうなと勝手に思っています。胸肉なのは単にさいの目に切りやすいから。ちなみに豆の状態で120gですが、さやつきの状態だと270gでした。

 使用しているリンゴジュースはコレ。

画像


 正直、フルーツの味に関しては日本の方が上です。スーパーとは別に果物屋さんが街角ごとに存在し、真冬でもパイナップルが売っているくらいフルーツをよく食べる中国ですが、身近なぶんだけ値段も手ごろなわけで、いい値段を取る代わりに丹精込めて育てられる日本のフルーツの方が味も風味もワンランク濃いです。それはジュースにも影響していたりするわけですが、この銘柄は中国にしてはおいしい方だと思います。

 もう一丁は切干大根です。

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。




 実をいうと、そのお嬢様方は欧米人だったりします。


 ヘタレとチキンの掛け算で無言で通り過ぎていたりします。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんやも必要以上におもしろいです。
ケイタ
2013/04/25 23:12
ケイタさんこんばんは、コメントありがとうございます。

必要以上に説明しなくてもネタの小技が伝わるっていいですね(笑)。今後も料理以上に文面に精進します(オイ)。
Zuki
2013/04/26 01:14

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

豌豆(えんどう豆)のタッカルビ風 ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる