ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 豌豆炒鶏蛋(えんどう豆と卵の炒めたの)

<<   作成日時 : 2013/04/23 01:05   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

 マイカー通勤だった日本時代から地下鉄を使う上海生活も4か月が過ぎてみて気づくのは、駅で女子高生とかを見かけたりしているにもかかわらず制服というか指定服がトレーニングウェアみたいな味も素っ気もないものだったりするせいで、今イチ癒されていないといういかにもオッサン目線的な事実だったりする夜中料理野郎です。春なんでとりあえずミニスカを希望しますとオヤジ全開で今夜もひとり、夜中に料理します。

 春素材、豌豆ことえんどう豆の登場。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:副菜として2人前くらいのひとりぶん)
 豌豆(えんどう豆)…豆の状態で約120g
 卵…M玉1個(約65g)
 卵の下味…塩少々(例として小さじ1/12くらい)
 塩…適宜(例として小さじ1/8くらい)
 あらびきブラックペッパー…好きなだけ
 炒め油…ピーナッツオイル大さじ1+1/2
 ほか分量外…えんどう豆を下ゆでする熱湯1,000mL+塩小さじ1、さらす冷水がたくさん

(作り方)

(1)えんどう豆はさやから取り出し、分量外の塩を入れた熱湯で40秒ゆでたら冷水にさらして冷まし、ザルで水気をしっかり切っておきます。卵を割りほぐし、下味の塩を加えてスタンバイ。

(2)深めのフライパンにピーナッツオイルで強火、炒り玉子を作ります。木べらで大きく、油と混ぜる感じで火を通していき、火が通り始めたら木べらできるようにして細かくします。そこに下ゆでしたえんどう豆をザラザラと入れ、あったまる程度に炒め合わせたら塩とブラックペッパーで味を調えて完了。盛りつけてスプーンかレンゲでいただきます。

画像


 本当の意味でどこにでもある、ごく平凡な中華の家庭料理。勤め先の同僚がお弁当で持ってきて、おいしそうだと思って作ってみた本日です。家庭料理だけに味つけも様々ですし、肉が入っていたり玉子とじスタイルだったりと自由度が高いのも特徴。えんどう豆はすぐに火が通るせいか生から炒めるレシピが圧倒的なのですが、日本人らしく下ゆですることで油っこさを減らしています。豆のおいしさを楽しむためごくごくシンプルかつ薄めの味つけにしていますが、ネギだったり生姜だったりニンニクだったり、好きな薬味でいくらでも変化がつけられる印象。恒例の無理矢理カタカナはワン・ドウ・チャオ・ジー・ダン。蛋は卵という意味です。

 ちなみにえんどう豆120gはさやの状態だと250〜300gです(実の入り方にもよります)。下ゆでですが、40秒というのは「お湯に入れて全部浮き上がってくるまで」の時間を計測したものです。また冷水にさらすといってもザルでお湯を切っていきなり冷水につけるとしわしわになってしまうので、ゆであがったら鍋ごとシンクに置き、そこに水をどんどん足す形で冷ましています(もちろん豆がこぼれないようザル等でガードします)。この方法で、割とポリッとした食感が残る仕上がり。炒めることで再加熱されますし、その際に崩れるのも嫌だったので硬めの仕上げですが、ほくほくが好きな方はゆで時間で加減を。

 もう一丁はポークランチョンミートです。

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。




 できれば絶対領域ってヤツを希望します。


 ええ、見るだけですからとオヤジネタに走ってみる。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
えんどう豆と卵、緑と黄色が鮮やかでおいしそうですね!ところで、写真のお皿は上海で買ったのですか?わたくしもうすぐ引っ越しをするんですが、家具付きの物件ってなかなかなくて、期日は迫るし焦りました。Zukiさんがお住まいの物件が家具付きかどうかわかりませんが、でも結局自分仕様にするためにはいろいろ買うものありますよね…。
ケイタ
2013/04/23 11:00
ケイタさんこんばんは、コメントありがとうございます。そうですね、私もまずビジュアルで「いいな」って思って作ってみました。

食器は日本時代に使っていたものをそのまま持ち込んでいます。上海で買えるものも多いですけど。部屋の家具は物件でまちまちでしたね。食器まである部屋もあれば最小限しかない部屋まで。
Zuki
2013/04/24 01:34

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

豌豆炒鶏蛋(えんどう豆と卵の炒めたの) ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる