ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 酢羊

<<   作成日時 : 2013/03/18 01:40   >>

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

 業務連絡から入りますが翌々晩の夜中料理、ブログ記事的には水曜日の更新をお休みいたします。夜中料理野郎は技術者ですし今もそれは変わっていないのですが、駐在員というのは想像以上にアテンダント的な業務が多く、上海に来て一週間何事もなく夜中料理を更新し続けられたのはなんと先週が初めてだったと気づいていたりします。それがいいことなのか悪いことなのかは深く考えずに今夜もひとり、夜中に料理します。

 酢豚じゃないです、羊です。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:主菜なら2人前くらいのひとりぶん)
 羊肉(火鍋用薄切り)…150g
 にんじん…85g(円柱近似でφ43mm×L55mm)
 たまねぎ…1/4個(φ86mm×H75mmの1/4個、約75g)
 ピーマン…大3/4個(φ66mm×H92mm、約155gの3/4個)
 たけのこ(水煮)…細1本(円錐近似でφ46mm×H155mm、約125g)
 しょうが…みじん切りで大さじ1くらい(約15g)
 片栗粉…ロス分込みで大さじ1+1/3くらい
 水溶き片栗粉…片栗粉小さじ1/2+水大さじ1/2
 揚げ油…適宜
 炒め油…サラダ油大さじ1/2

[肉の下味]
 しょうゆ…小さじ1
 紹興酒…小さじ1

[甘酢]
 穀物酢…大さじ1+1/2
 水…大さじ1+1/2
 ケチャップ…大さじ1
 さとう…大さじ1
 しょうゆ…小さじ2

(作り方)

(1)まず甘酢。材料をレンジOKの少量容器に入れてよく混ぜ、電子レンジ(我が家は約800W)で20秒加熱して砂糖を溶かしておきます。

(2)羊薄切り肉はボウルに入れて下味の調味料をもみこみ、ミートボールくらいの大きさに丸めておきます。タマネギは1/16分割のくし形切り、にんじん・ピーマン・水煮タケノコは小さめの乱切り。生姜をみじん切りにしてスタンバイ。

(3)揚げ油を130℃、野菜類を油通しします。にんじんは3分、たまねぎ・ピーマン・水煮タケノコは1分間油通しして取り出しておきます。

(4)揚げ油の温度を140℃に上げ、小分けにいしておいた羊肉に片栗粉をまぶしてはたいたら同様に油通しして取り出しておきます。

(5)最後は仕上げ、深めのフライパンにサラダ油で強火、生姜を炒めます。香りが立ったら油通しした羊肉と野菜類をダッと入れてザッと炒め合わせ、甘酢の材料をじゅわっと投入。すかさず水溶き片栗粉を投入したら全体がしっかりからまるまで炒め合わせて完了。えいっと盛りつけます。

画像


 薄切り肉がポピュラーとはいえない上海ですが牛肉と羊肉、それもしゃぶしゃぶクラスの薄切り肉だけは手に入れやすいと書いたのはコイツの時。羊も使いこなせれば何かと便利だということでとりあえず一発作ってみましたという本日だったりします。下味でクセを低減していて、夜中料理野郎はあまり抵抗がありませんが羊肉が好きでない方には後味で羊っぽさが感じられるでしょうと注意書き。薄切り肉を丸めて作る酢豚は肉の食感を柔らかく保てるのが最大の美点、肉の種類を問わず有効です。ニンジンを下ゆでしてしまえば炒めものとして作れなくもないのですが、どうせ肉を揚げるなり揚げ焼きにするなら、ということでまとめて油通し。羊肉のクセを考慮してケチャップ甘酢にしてみましたが、上海の黒酢を使い慣れたら別バージョンを考えます。

 薄切りの羊肉はこんな形態で売られています。

画像


 これは解凍済みの状態ですが基本は冷凍。骨付きやブロック肉が当然の上海において、なぜか羊肉は冷凍の薄切りばかりが目につき、スペアリブなんかは欧米人向けのスーパーに行かないと見かけなかったりします。内モンゴルとかに行けば火鍋以外の形態にも接することができるのですが、上海のデフォルトは火鍋専用なんだろうなーと。

 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。





 羊肉に慣れ過ぎると、いつか帰国した際に苦労する気がします。


 ラブリー面と同じで今は兆しすらありませんけど。



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
羊肉の八幡巻き
 日本ではいい加減正月モードから抜け出して通常モードに戻ろうという動きが出てくる頃ですが長期休暇が旧暦に準じている中国で生活する駐在員の場合、本当の長期休暇の準備はこれから始めるものだったりします。とりあえず帰国中の日程を決め、一時帰国の際に買うものをリストアップするところから始めるわけですがやりたいことが多すぎて、既に計画倒れの雰囲気を醸し出しながら今夜もひとり、夜中に料理します。 ...続きを見る
ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。...
2015/01/09 01:16

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

酢羊 ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる