ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS ひゆ菜(アマランサス)の辛子あえ

<<   作成日時 : 2013/03/27 01:18   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

 上海ではそこそこ大きいスーパーでも生鮮が物足りなかったりする半面菜市場、いわゆるローカルの市場では値段も鮮度も品ぞろえも納得の内容だったりします。このため夜中料理野郎も最近、土・日のどちらかで菜市場に行くようになったりしているわけですが、中国語がままならない外国人労働者にとってはぶっちゃけハードルが高いのも実感していたりします。勉強あるのみだとほざいて今夜もひとり、夜中に料理します。

 菜市場で買った上海素材、本日は苋菜です。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:副菜として2人前くらいのひとりぶん)
 苋菜(ひゆ菜)…約150g
 うすくちしょうゆ…大さじ1
 みりん…小さじ3/4
 水…大さじ1+1/2
 ねりからし…小さじ3/4
 かつおだしの素…少々
 ほか分量外…をゆでる熱湯1,500mL+塩大さじ1/2、さらす水が適宜

(作り方)

(1)苋菜(ひゆ菜)はよく洗い、ここから下は根っこだろうと思う部分を摘み取っておきます。薄口醤油・みりん・水・練り辛子・だしの素で漬け汁を作ってスタンバイ。

(2)分量外の塩を入れた熱湯で苋菜(ひゆ菜)をゆでます。ジャスト2分ゆでたら冷水にとり、ギュッと絞ってだいたい5cm長さに切り分けます。あとは漬け汁と合わせて30分以上なじませて完了。盛りつけます。

画像


 菜市場に行くと色合いが目を引く苋菜(ひゆ菜)。英語ではチャイニーズ・スピナッチ、つまり中国ほうれん草って呼ぶんですけど食感が似ているくらいで、割とハッキリしたにおい・えぐ味があります。ほうれん草的に使おうとすると苦戦することになりますが、菜の花なんかでおなじみの辛子あえならその辺をきれいにクリア。辛子はしっかり利かせた方がおいしいため、お子さま向けではありませんが春っぽい味覚です。

 苋菜(ひゆ菜)というのはコレ。

画像


 色あいが目を引きますよね。ゆでるとゆで汁が鮮やかな赤紫色になって更に驚かされます。でも更に驚いたのは、Wikipediaで「莧菜」を調べると「アマランサス」って出てくること。雑穀米でおなじみのあのすごーく小さい粒、あの葉っぱがこれみたいです。莧菜と書いて「ひゆな」と読む日本名があることもそこ(Wiki)で知ったりしているわけですが、においやえぐ味の他に軽い粘りも感じます。恒例の無理矢理カタカナはシエン・ツァイ。

 もう一丁はポークランチョンミートです。

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。

 


 菜市場のおばちゃんと渡り合えるレベルを目指します。


 それ以前に人生の目標を立てろと言われること請け合い。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
もち麦
もち麦の効能が良すぎる!もち麦のおいしい炊き方 ...続きを見る
もち麦の効能
2015/10/22 10:16

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

ひゆ菜(アマランサス)の辛子あえ ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる