ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS ゴーヤーと牛肉のホイコーロー風

<<   作成日時 : 2012/08/01 01:07   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

 オリンピックも開会から数日が経過するとメダリストが出始めるわけで、柔道・体操・競泳といったお馴染みの種目はもちろん、女子の重量挙げやアーチェリー団体女子といったマイナー種目のメダリストには特に拍手を送りたい生き様がマイノリティな夜中料理野郎です。しかし実際は重量挙げが「上げ」ではなく「挙げ」だったということに今さら気づく無知っぷりを披露して今夜もひとり、夜中に料理します。

 だから揚げもの、とはいかずに炒めもの。ゴーヤーです。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:主菜として2人前くらいのひとりぶん)
 ゴーヤー…1/2本(太いところのφ55mm×L230mm、約230gの0.5本)
 牛切り落とし肉…135g
 もやし…3/10袋(約75g)
 にんにく…みじん切りで小さじ1くらい(小粒1片、約6g)
 しょうが…みじん切りで大さじ1/2くらい(0.5片くらい、約7g)
 甜麺醤…大さじ1
 豆板醤…小さじ1
 紹興酒…大さじ1
 しょうゆ…小さじ1/2
 オイスターソース…小さじ1
 五香粉…ほんのちょっぴり(例として耳かき1/2以下)
 炒め油…サラダ油大さじ1+1/2
 ほか分量外…ゴーヤーの下ごしらえに塩小さじ1/2と流水が適宜

(作り方)

(1)ゴーヤーはタネとワタを取って1mm〜2mm厚みを目安の半月切りにし、ボウルに入れたら下ごしらえに分量外の塩をまぶして15分ほど放置、それから塩を洗い流す感じで流水でしっかり洗い、ザルでしっかり水気を切ります。牛肉は食べやすい大きさに切ります。にんにく・生姜はみじん切り。五香粉以外の調味料を全部混ぜた状態でスタンバイ。

(2)深めのフライパンにサラダ油で中火、にんにくと生姜を入れてザッと混ぜ合わせたら牛肉を入れて炒めます。7割くらい色が変わったらゴーヤーを入れて強火で炒めます。

(3)ゴーヤーが何となくしんなりしてきたらもやしを投入、もやしが透き通り始めたら混ぜておいた調味料をダッと入れます。調味料がしっかりからむまで炒め合わせたら五香粉をちょっとだけ振って完了。えいっと盛りつけます。

画像


 もとのレシピというか豚肉バージョンはこちら。肉が牛肉になったことで調味料や薬味のバランスを微妙に見直していますが、それ以上に手順を省略したお手軽メニューとして作っている本日です。切り落としの薄い肉なので最後にまとめて味つけすれば充分ですし、多めの紹興酒で調味料類を溶いておくことで味もしっかり行き渡ります。肉の量に対してゴーヤーがちょっと小さめだったのでもやしで量のバランスを取っていますが、味的にも牛肉やゴーヤーの強い存在感をやわらげてくれるので、組み合わせとして相性がいいと思います。

 もう一丁はひじきです。

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。




 4年前はブログもやってませんでしたし料理もいい加減でした。


 ラブリー面は何ひとつ改善されていません。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

ゴーヤーと牛肉のホイコーロー風 ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる