ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 木須肉(ムースーロウ)・改

<<   作成日時 : 2012/07/20 00:53   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 夜中料理野郎はきくらげを愛しています。八宝菜の具の八品目がうずら卵ときくらげの二者択一なら迷わず後者を選べるくらい愛しています。小論文のお題が世界平和ときくらげなら迷わず後者を選べるくらい愛しています。もっと皆に愛されるべきだと思う反面、強烈に好かれもしないけど嫌われもせず野菜炒めにひっそりと入っているきくらげを地下アイドルのマニアのように応援する自己満足に浸りながら今夜もひとり、夜中に料理します。

 きくらげレシピといえば木須肉。生きくらげの登場です。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:常識では2人前だろうひとりぶん)
 生きくらげ…約150g
 豚バラ薄切り肉…約135g
 卵…M玉(約65g)で1+1/2個
 にんにく…みじん切りで小さじ1くらい(小1片、約5g)
 しょうが…みじん切りで小さじ2くらい(2/3片、約10g)
 しょうゆ…大さじ1
 オイスターソース…大さじ1
 紹興酒…大さじ1
 水…大さじ1
 水溶き片栗粉…片栗粉小さじ3/4+水大さじ1/2
 炒め油…卵にサラダ油大さじ1、追加でごま油小さじ1
 ほか分量外…見映えの青みを適宜(本日は貝割れ)

[肉の下味]
 しょうゆ…小さじ1
 紹興酒…大さじ1+1/3

[卵の下味]
 塩…少々(例として小さじ1/5弱くらい)
 紹興酒…大さじ1/2

(作り方)

(1)豚肉は食べやすい大きさに切り、ボウルに入れて下味の調味料をもみこんだらラップをして冷蔵庫、他の材料の準備が整うまでほっときます。

(2)きくらげは石突を切り落とし、豚肉よりやや大きめのサイズを目安に切るかちぎるかします。見映えの貝割れは何となく2等分の長さに切り、生姜とにんにくはみじん切り。卵は割りほぐして下味の調味料を混ぜておきます。本体用の調味料、醤油・オイスターソース・紹興酒と水を混ぜ合わせ、水溶き片栗粉まで用意したらスタンバイ。

(3)深めのフライパンにサラダ油で中火、卵を炒めます。ゆっくり返すようにかき混ぜてふんわりした要り卵ができたら取り出します。大きいかたまりがあったら取り出してから大きめに粉砕しておきます。

(4)後は電車道、卵を取り出したそのままのフライパンに追加のゴマ油で強めの中火、豚肉を炒めます。火が通ったらきくらげを入れ、全体に脂が回るまで炒め合わせたら生姜とにんにくを投入。生姜とにんにくの香りがワッと出てくるまで炒め合わせ、強火にしたら混ぜておいた醤油・オイスターソース・紹興酒・水を投入。均一に行き渡るまで炒め合わせ、水溶き片栗粉でとろみをつけたら卵を戻し入れて完了。えいっと盛りつけて貝割れをあしらいます。

画像


 過去レシピはこちら。今見ると分かりにくいし、当時はまだ料理の腕前のリハビリ中だったので変に肩の力が入っていた部分もあります。このため味つけの基本は変えていませんが作り方に細かい修正が入っている本日。スーパーで生のきくらげを見かけるようになったこと自体が驚きですが、買ったのはアラゲキクラゲという品種で、中華でおなじみの黒きくらげや裏白きくらげに比べると風味も食感も優しいです。品種の特徴なのか生だからなのかは分かりません。なお豚肉の脂身比率が高かったので、追加の炒め油を減らしています。

 もう一丁は箸休め、パプリカの甘酢漬け(洋風)です。

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。




 きくらげのような愛され方を望んでいます。


 マニア受けしたいという意味ではないです。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

木須肉(ムースーロウ)・改 ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる