ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 青椒肉絲に見える酢豚2012

<<   作成日時 : 2012/07/18 00:35   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 目覚ましのアラームを無視して泥のように眠りこけることができますというほめられない特技を持っている夜中料理野郎をして、寝苦しさで目が覚めるようになってくるといよいよ夏本番、夏休みも間近という今日この頃です。人生の予定表に何ひとつポジティブなことを書き込めない分際で、夏休みの予定などというものを使えない脳で無駄に夢見ながら今夜もひとり、夜中に料理します。

 個人的夏の定番、今年もやります。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:主菜として1.5人前くらいのひとりぶん)
 豚もも肉(ひとくちカツ用とかの少し厚いの)…100g
 ピーマン…3個(平均φ36mm×L77mm、3個で約95g)
 赤パプリカ…1/4個(φ68mm×L87mmの1/4個、約40g)
 黄色パプリカ…1/4個(φ77mm×L70mmの1/4個、約40g)
 たけのこ(水煮の細切り)…50g
 しょうが…みじん切りで小さじ2くらい(2/3片、約10g)
 水溶き片栗粉…片栗粉小さじ1/2+水小さじ1
 炒め油…サラダ油大さじ1
 揚げ油…適宜

[肉の下味]
 しょうゆ…大さじ1/2
 紹興酒(なければ日本酒)…大さじ1/2
 片栗粉…大さじ1/2

[甘酢]
 黒酢…大さじ3
 さとう…大さじ1+1/2
 しょうゆ…小さじ1
 紹興酒(なければ日本酒)…小さじ2

(作り方)

(1)まずは甘酢から。材料を電子レンジOKの容器に入れて30秒(500W)加熱し、砂糖を溶かしておきます。

(2)豚肉は4mm角くらいの細切りにして下味の醤油と紹興酒をもみこみ、片栗粉をまぶしてドロリとさせておきます。ピーマンとパプリカはヘタと種を取って幅0.7〜1.5mmくらいでタテにスライス。生姜は千切り、水溶き片栗粉を用意してスタンバイ。

(3)深めのフライパンに3mm〜4mmくらい揚げ油を注ぎ、中火にかけます。油が熱くなる前に豚肉を入れてバラバラにほぐしておき、温度が上がっていい感じの色がついたら取り出します。

(4)きれいにしたフライパンに改めてサラダ油で強火、ピーマン・パプリカ・たけのこ・生姜を入れて炒めます。ピーマンの色が鮮やかになったら豚肉を投入、ザッと炒め合わせて甘酢も投入。均一になるまで炒め合わせたら水溶き片栗粉でとろみをつけて完了。チンジャオロースーっぽく盛りつけます。

画像


 もともとは3年前、引越しでしばらくブログを休んだときの復活第一弾メニューがこれでした。純然たるお笑いメニューのはずだったんですが意外と工夫のし甲斐があるし実はおいしい、そんな事情から例年この時期に作っています。バージョン4の今年はピーマンとパプリカの比率を見直したりタケノコを加えたりしていますが、味つけそのものは昨年のバージョン3とほぼ同じ黒酢仕立て。生姜を千切りにすることで見た目の統一感も出ますし、具としての存在感も楽しめます。例年より材料を細く切っているため調味料の量に対して材料の面積が大きく、ザッとなじませたら煮詰まる前にサッサととろみをつけているのも変更点です。

 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。




 夏本番、夏休みももうすぐです。


 人生の梅雨がずっと明けていないことにはノーコメントで。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

青椒肉絲に見える酢豚2012 ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる