ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS ピーマンと油揚げの炒めたの(塩麹)

<<   作成日時 : 2012/06/22 00:55   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

 既に日付は変わってしまいましたが6月21日は夏至でした。一年で一番昼間が長い日、夜中の立場が一年で最も低い日だったりします。しかし最近はライトダウンキャンペーンとかキャンドルナイトといったイベントのおかげで少しだけ夜中の肩身も広くなっている気がします。いつも夜中に帰宅するせいで結果的に一年を通じてライトダウンキャンペーン実施中の我が家で今夜もひとり、夜中に料理します。

 塩麹を使い切る、シンプルな炒めもの。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:副菜として2〜3人前のひとりぶん)
 ピーマン…3個(円錐近似でφ44mm×H84mm、3個で約120g)
 油揚げ…大きいの1枚(W90×D200mm、約85g)
 塩麹…小さじ2(約12g)
 花椒…好みで
 炒め油…ごま油大さじ1+1/2
 ほか分量外…油揚げの油抜きをする熱湯750mL

(作り方)

(1)ピーマンはヘタと種を取って青椒肉絲ですかという感じのタテ細切りにします。油揚げも分量外の熱湯で油抜きしてから似たような細切りにしてスタンバイ。

(2)深めのフライパンにゴマ油で強火、ピーマンを炒めます。軽くしんなりするまで炒め、油揚げを入れて炒め合わせます。均一に混ざったら塩麹で味つけして完了。えいっと盛りつけて、好みで花椒を振ります。

画像


 中華料理に青椒油豆腐(チン・ジァオ・ヨウ・ダオ・フー)っていう、ごく庶民的なメニューがあるんです。油揚げも厚揚げも油豆腐(とか油炒豆腐)なので家や店によってまちまちだったりするんですが、基本はザッと炒めて塩とうま味調味料、みたいなシンプルな構成。それを塩麹に変えただけの本日だったりします。わずかに残っていた塩麹を使いきるのが主目的だったので少し薄味かなー、と思いつつ作って総合的にはやや薄味なんですが、油揚げに優先的に味が入るのでピーマンと一緒に食べるならいい感じのバランス。追加の塩はあえて入れませんでした。花椒は中華気分とビールとの相性を考えて好みで軽く振りましたが、必要かどうかは食べてみて決めればいいレベルです。ピーマンの炒め加減も好みなんですが、少し焼き目がつくくらい炒めると香ばしさもアップします。

 もう一丁は鯖みりんです。

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。




 ココロのキャンドルを募集しています。


 焼いてくれという意味ではないです。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

ピーマンと油揚げの炒めたの(塩麹) ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる