ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS モロッコいんげんのチャンプルー

<<   作成日時 : 2012/06/19 00:38   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 肉食系という言葉があります。レバ刺が食べられなくなるそうですという話題を振りたかったのですが「系」という字がついた時点でかなり脱線した感があるわけで、無理に持ち直そうとして生肉食系などと書いてしまうと更にあらぬ方向に脱線しそうだったりします。ここから持ち直すには草食系が肉食系に変わるくらいのバイタリティが必要だとあっさりあきらめて今夜もひとり、夜中に料理します。

 雑食系です、チャンプルー。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:主菜として2人前くらいのひとりぶん)
 モロッコいんげん…8本(平均L210mm、計約110g)
 豚バラ薄切り肉…約105g
 木綿豆腐…ミニパック1丁(約150g)
 たまご…M玉1個(約60g)
 けずりぶし…ミニパック1袋(3g)
 塩…適宜(例として小さじ1/4)
 あらびきブラックペッパー…好きなだけ
 泡盛(なければ日本酒)…大さじ1
 しょうゆ…大さじ1
 みりん…小さじ2
 さとう…小さじ1/2
 炒め油…サラダ油大さじ1
 ほか分量外…モロッコいんげんを下ゆでする熱湯750mL+塩小さじ3/4

(作り方)

(1)豆腐は重石をして水切りをしておきます。モロッコいんげんはヘタに相当する部分をちょっとだけ切り落とし、5cm長さくらいの斜め切りにします。切ったモロッコいんげんは分量外の塩を入れた熱湯でジャスト2分ゆで、ザルにとって自然空冷します。豚肉は食べやすい大きさに切ります。卵を割りほぐし、調味料を用意してスタンバイ。

(2)深めのフライパンにサラダ油で中火、豚肉を炒めます。色が変わって軽く焼き目がつくくらいまで炒めたら、モロッコインゲンを入れて強火で炒め合わせます。全体に油が回ったら豆腐を崩しながら入れ、細かくなりすぎない程度に均一になるよう炒め合わせます。

(3)豆腐がしっかり温まるまで炒めたら泡盛、ワッと立ち上るアルコールの風味が一段落したら醤油・みりん・砂糖で味つけします。塩・ブラックペッパーで少しだけ濃いめに味を調え、溶き卵を回しかけて全体にからめたら削り節を混ぜ込んで完了。えいっと盛りつけてダメ押しのブラックペッパーを振ります。

画像


 幅広で巨大なモロッコいんげん、食べ応えという点では普通のインゲンよりはるかに存在感がありますが、風味は意外とおとなしくて使いやすいです。下ゆで2分だと食感もしっかり、その辺は好みで。このところにんにくガツンの塩・胡椒という味つけが多かったチャンプルー、本日は久々に醤油味です。ポイントを重要度順に書くと、最後の削り節で水分を奪ってカラリと仕上げるのですがそれでも豆腐の水切りはきっちりと。風味的にはみりん、でも砂糖を少し入れると味の重心が下がります。豚肉は少しカリッとするくらいまで炒めるとおいしいです。卵を入れる前に塩味まで決めた方が卵にもしっかり味が入っておいしいのですが、醤油で味がつくので最後に微調整しても合格が落第になったりはしません。

 もう一丁はラタトゥイユ。量的には充分なんですが色合いがいいのでちょっとだけ。

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。




 ここから脱線するとオチないので、生肉の話題はなしで。


 ええ、人生が既に脱線しているかもしれませんから。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

モロッコいんげんのチャンプルー ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる