ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 厚揚げと青梗菜のさっと煮

<<   作成日時 : 2012/04/06 00:44   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

 早いところではもう葉桜になり始めているのでしょうが、今週末が花見という地域もまだあると思います。学生時代は桜の花をそれなりに何かが象徴されているような気分で見上げたものですが、今では今週末が花見の頃合でしょうかという会話も実のところオッサン同士が飲み会の話をしているのと何ら変わりなかったりします。薄汚れてしまったココロで桜を見上げながら今夜もひとり、夜中に料理します。

 シャキッとしたい青梗菜。サッと煮ます。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:副菜として二人前くらいのひとりぶん)
 厚揚げ…1枚(W80mm×L90mm×H25mm、約205g)
 チンゲン菜…立派なの1株(φ61mm×L275mm、約150g)
 中華スープの素+お湯…スープとして300mL
 紹興酒…大さじ1
 うすくちしょうゆ…小さじ0.5
 豆板醤…小さじ0.5
 ごま油…仕上げに適宜
 ほか分量外…厚揚げの油抜きをする熱湯600mL

(作り方)

(1)チンゲン菜は茎と葉に切り分けてからそれぞれを2等分の長さに切り、葉と茎に分けておきます。またチンゲン菜の根元部分はタテ4等分にしてから連結部分を切り落としてバラバラにし、大きすぎる部分があったら適当に切っておきます。厚揚げは分量外の熱湯で油抜きしてから2等分し、約1cm厚みの短冊に切ってスタンバイ。

(2)中華スープを入れた鍋を強火にかけ、煮立ったら厚揚げをゴロゴロと入れます。紹興酒・豆板醤を入れて再沸騰したら弱火、薄口醤油で味を調えて3分コトコト煮ます。最後は強火、チンゲン菜の茎を入れて1分30秒、更にチンゲン菜の葉の方を入れたら2分ほど煮て完了。盛りつけて風味づけにごま油を少量振ります。

画像


 青菜でもほうれん草なんかはアクが出るのですが青梗菜はアクが出にくいので、こういう速攻煮物の最後にサッと入れるような使い方にも向いています。煮込んで味を入れるような煮物ではないので中華スープでボディ、豆板醤でエッジを強化して仕上げのゴマ油で風味を加えています。厚揚げを煮る時点で味を決めていますが、チンゲン菜を入れることを考慮して少しだけ濃いめにしておくとバランスがよくなります。薄味も上品でいいですけどね。

 もう一丁はザ・いつもの、鯖みりんです。

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。




 それでも桜は毎年咲きます。


 咲く気配すらない。何が。いや別に。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
記事に関係ないコメントですみません。松田聖子さんの“SWEET MEMORIES”が流れている状況でこしらえる料理のレシピ。オススメがあったら教えていただけませんか。
ケイタ
2012/04/08 10:38
ケイタさんこんばんは、コメントありがとうございます。松田聖子さんって昔の方が色っぽい歌い方してますよね。

生春巻ですかね。甘くてちょっと辛い、スイートチリソースってのが何となく合いそうです。

できればジン・バック(ジンジャーエール割り)とかと一緒にってのは酒飲みのたわごとです。
Zuki
2012/04/09 01:04

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

厚揚げと青梗菜のさっと煮 ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる