ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 豚肉と青梗菜と卵の炒めもの

<<   作成日時 : 2012/04/04 00:27   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

 世間では春の嵐が吹き荒れまくっている今日この頃、新社会人には早くも試練のお天気になったであろうと思うのですが、無駄に年季の入った社会人である夜中料理野郎の場合は天気に関係なく眠気と戦うことが試練だったりするわけで、根本的に新社会人よりダメな人だったりします。ラブリー面は今日この頃に関係なくベタ凪ぎですと自爆スイッチを自分で押して今夜もひとり、夜中に料理します。

 嵐に負けない豪快炒めもの…ってほどでもない。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:普通感覚なら2人前くらいのひとりぶん)
 豚ばら薄切り肉…約100g
 チンゲン菜…立派なの1株(φ63mm×L275mm、約175g)
 卵…M玉1個(約65g)
 日本酒…肉の下味に大さじ1
 さとう…小さじ1
 塩…適宜(例として小さじ0.5)
 あらびきブラックペッパー…好きなだけ
 炒め油…卵を炒めるサラダ油大さじ1、追加で大さじ0.5

(作り方)

(1)豚肉は食べやすい大きさに切って下味の日本酒をしっかりもみこみ、他の材料の準備が整うまでほっときます。チンゲン菜は茎と葉に切り分けてからそれぞれを2等分の長さに切り、葉と茎に分けておきます。またチンゲン菜の根元部分はタテ4等分にしてから連結部分を切り落としてバラバラにし、大きすぎる部分があったら適当に切っておきます。割りほぐした卵に砂糖を混ぜてスタンバイ。

(2)フライパンにサラダ油で強火、炒りたまごを作って取り出します。

(3)そのままのフライパンに追加のサラダ油で中火、豚肉を炒めます。色がしっかり変わったらチンゲン菜の根元部分を入れて強火、透き通るまで炒めたら葉っぱも入れます。葉っぱがしんなりしてきたところで炒りたまごを戻し、ザッと炒め合わせたら塩とブラックペッパーで味を調えて完了。盛りつけてダメ押しのブラックペッパーを振ります。

画像


 豪快な炒めものに見えて味つけとしては癒し系に仕上がる本日、こういう炒めもので卵に砂糖を入れるという構成は実家の影響なんだろうなと思います。ちなみに過去の類似レシピもこんな感じ。洋風の仕立ても悪くありませんけど日本酒の方が甘い玉子に合わせやすいです。なお下味は肉に入れた日本酒と卵に入れた砂糖だけなので、最後の塩でしっかり味つけするのがポイント。まあ足りなきゃ食べながら塩振っても辻褄は合います。

 もう一丁は常備菜、豆腐と大根とにんじんと鶏の炒め煮

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。




 夜中料理生活は試練でも何でもないです。既に日常。


 ラブリー面の無風状態に耐える試練が日常なのはどうかと。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ラブリー面でそろそろ決着をつけないといけないんですけど(元カノと元々カノの狭間で)、答えを先延ばしにしたいからZukiさんのレシピを参考にして明朝の朝ごはんつくることにしました。冷蔵庫には小松菜と牛肉と卵。ううぅ。
ケイタ
2012/04/04 01:14
ケイタさんこんばんは、コメントありがとうございます。牛肉もいいですね。遅い反応で済みませんが、胡椒をしっかり効かせた方がおいしいかも。

いっぱい悩んでください。こちとら常に相手に決断されて今がありますから(笑)。
Zuki
2012/04/06 00:48

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

豚肉と青梗菜と卵の炒めもの ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる