ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 牛すじと春キャベツの煮物(圧力鍋使用)

<<   作成日時 : 2012/04/23 01:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 既に日付は変わっていますが4月22日はアースデイでした。国連が定めた日になったのは比較的最近だそうですが、エコという言葉はもっと昔からあったような気がしないでもないわけです。以前から資源ゴミの回収とかには自分なりに協力しているつもりなので、できればラブリー面がかなり残念な夜中料理野郎を回収して有効活用してくれたらいいのにと地球から見たらえらくちっちゃい話題に拘泥して今夜もひとり、夜中に料理します。

 時間と資源を節約します、圧力鍋。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:牛スジは2人前相当のひとりぶん)
 牛すじ…約300g
 キャベツ(春玉)…1/4玉(推定φ135mm×H160mm、約190g)
 イタリアンパセリ…見映え
 ローリエ…1枚
 ブイヨンキューブ+お湯…ブイヨンとして600mL
 塩…適宜(例として小さじ0.25)
 あらびきブラックペッパー…好みで
 ほか分量外…牛すじの下ゆでをする水1,500mL、洗う流水が適宜

(作り方)

(1)牛すじの下ごしらえから。下ゆで用の水と一緒に牛スジを鍋に入れて強火にかけます。温度が上がるにつれてアクがどんどん出てくるので大体でいいので取り除き、グラッと沸いたら取り出して流水でよく洗います。水気を軽く切ったら食べやすい大きさに切ってスタンバイ。

(2)圧力鍋にブイヨンを入れ、強火にかけます。煮立ったら塩で味を微調整し、牛スジとローリエを入れます。フタをしてロック、圧力がかかったらごく弱火にして30分、それから火を止めて自然冷却します。煮込んでいる間にキャベツをざく切りにしておきます。

(3)最後はキャベツ、フタを取った圧力鍋を再び強火にかけ、煮立ったらキャベツを入れます。再沸騰したら強めの弱火、芯の太いところがしっかり透き通るまで煮たら火を止めて粗熱が取れるまで待って完了。盛りつけてブラックペッパーを振り、イタリアンパセリをあしらいます。

画像


 牛スジは和風の煮込みもおいしいですけど、洋風でもまたおいしいという本日です。何より安いですし(笑)。合わせるのはやわらかい春キャベツ、煮物でもすぐに柔らかくなるので最後に軽く火を通す程度で。圧力鍋は煮汁が減りにくいので、最初からキャベツを考慮をしたわずかに濃いめの塩加減にしておいてOK。ただし途中でアクを取れないので、下ゆでして牛スジのアクをしっかり取っておくのが大事です。牛すじ自体も半量はストックですが、スープも別にストックしておいて雑炊とか作るとすごーくしあわせです。

 もう一丁はひじき。献立として妙ですがご容赦を。

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。

 


 牛すじで幸せになれるって、エコですよね。


 地球規模で見ないでいただければの話ですけど。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

牛すじと春キャベツの煮物(圧力鍋使用) ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる