ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 鶏と大豆のジンジャートマト煮込み

<<   作成日時 : 2012/02/03 01:33   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

 今年の立春は2月4日なので日付が変わった本日、2月3日が節分ということになります。旧暦でいえば大晦日、つまり昔だったら冬休みの真っ只中かと思ってしまう時点でこの時期になってもまったく正月ボケが抜けていないことを自覚する夜中料理野郎です。福は内などと贅沢は言わないから誰かいてくれないものかと真っ暗で冷え切った部屋の灯りを自分でつけて今夜もひとり、夜中に料理します。

 節分恒例は変わり煮豆、歳の数なら余裕でクリア。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:おかずなら2人前確定のひとりぶん)
 鶏もも肉ー…約115g(小さめ0.5枚)
 大豆(水煮)…固形分量で約155g
 トマト缶(ダイスカット)…0.5缶(200g)
 たまねぎ…やや大きめ1/4個(φ80mm×H80mmの1/4個、約65g)
 しめじ…0.5パック(約65g)
 しょうが…1片(約15g)
 イタリアンパセリ…見映え
 塩…適宜(例としてトータルで小さじ0.4くらい)
 あらびきブラックペッパー…好きなだけ
 さとう…小さじ0.5
 白ワイン…大さじ1
 水…100mL
 バジル(ドライ、ブロークンリーフ)…小さじ0.3くらい
 オレガノ(ドライ、ブロークンリーフ)…小さじ0.3くらい
 炒め油…オリーブオイル大さじ1.5

(作り方)

(1)鶏肉はから揚げよりやや小さいサイズに切り分けます。タマネギは0.5mm厚みくらいを目安にタテに薄くスライスします。しめじは石突を除去して適当にばらします。生姜を千切りにしてスタンバイ。

(2)フライパンにオリーブオイルで強めの中火、鶏肉を皮の面から焼きます。しっかり焼き色がついたらひっくり返し、身の面にも軽く焼き色がつくまで焼いたらタマネギを入れて炒め合わせます。

(3)タマネギが透き通ったら軽く塩とブラックペッパーを振り、シメジ・生姜の順に入れて炒め合わせます。それから大豆を入れてザッと炒め合わせ、白ワインをジュワッと回しかけたらトマト缶と水を加えます。

(4)バジルとオレガノを加えて煮立つまでは強火、煮立ったら中火に落として煮詰めます。汁気が少なくなってもったりしてくるまで煮詰めたら砂糖と塩で味を調えて完了。盛りつけてダメ押しのブラックペッパーを振り、イタリアンパセリを散らします。

画像


 節分の変わり煮豆、一昨年はコレで昨年はコイツ。鶏とトマトと野菜の煮込みってのは定番ですから、まあ大豆で作っても当然おいしいわけですが、風味と食感のアクセント、そして冬場らしくあったまるメニューにしたいことからニンニクではなく生姜をきっちり入れる本日。トマト味は生姜とも相性がいい組み合わせです。水を入れているのは煮込み時間をしっかりもうけて大豆が芯まであったまるようにすることと、鶏やキノコ、タマネギやトマトから出る味を混合して全体に再分配するためでもあります。刺激が欲しいならタバスコとかが合うかなあと。

 今週のもう一丁はこれでもかとマカロニサラダ。

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。




 節分の翌日は立春です。


 人生に春どころか節分の気配すらないのはなぜなんだろう。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

鶏と大豆のジンジャートマト煮込み ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる