ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS にんじんしりしり・バージョン3

<<   作成日時 : 2012/01/13 01:07   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

 天気予報を見ているとついに真冬、この冬一番の寒さという言葉が更新され続ける時期が来たのだと感じます。ただ季節のことなのでいつかは暖かくなるわけですが、夜中料理野郎の人生的な寒さの方はエントロピーよろしく常に増大の方向に向かっていたりするわけで、人生一番の寒さが今も日々更新され続けていたりします。いつかは暖かくなるはずだとアテのない期待を持って今夜もひとり、夜中に料理します。

 冬の南国料理、本日は沖縄。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:小鉢で3鉢くらい、1/3ほど備蓄に回すひとりぶん)
 にんじん…大サイズ0.6本(太いところのφ約60mm×L約200mmの太い側95mm、約210g)
 ベーコン…ハーフサイズ8枚(約60g)
 にんにく…みじん切りで小さじ1くらい(ミニサイズ1片、約6g)
 卵…M玉1個(約60g)
 セルフィーユ(チャービル)…見映え
 塩…小さじ0.5
 あらびきブラックペッパー…好きなだけ
 ラム酒…小さじ2
 炒め油…オリーブオイル大さじ1

(作り方)

(1)にんじんは皮をむいて4cm〜5cm長さに切り、1mm〜1.5mm角くらいの千切りにします。ベーコンは粗みじん切りというか雑なみじん切り、ニンニクもみじん切りにします。卵を割りほぐしてスタンバイ。

(2)深めのフライパンにオリーブオイルで弱火、まずベーコンを温めます。ベーコンからしっかり香りが出てきたらニンニクを入れます。にんにくの香りが立ったらニンジンを入れ、火力を強めの中火に上げて炒めます。

(3)にんじんを焦がさないようマメに動かしながら約4分、歯ごたえを残しつつもしんなりするまで炒めたら塩とブラックペッパーを振り、均一になるよう炒め合わせたらラム酒でフランベします(不要です。普通に入れればいいです)。最後は火を止め、溶き卵を流しいれたら菜箸でぐるぐる混ぜながら余熱で火を通して完了。盛りつけてセルフィーユをあしらいます。

画像


 過去レシピのバージョン1はコイツ、バージョン2はこちら。折衷案のようでいて構成材料は完全な洋食、ニンニクとベーコンでパンチ力を増強しているバージョン3の本日です。ベーコンと卵はあくまで脇役、ラム酒は砂糖を入れるくらいなら風味も追加しようという意図で使っています。ただしフランベはたまにやりたくなるだけで単なるお遊び、アルコールの除去が早いという効果だけなので普通に入れればいいと思います。ベーコンの塩分にも左右されますが、最後の卵でグッとマイルドになるので味がボケないよう塩もブラックペッパーもしっかりめに使った方がいいです。

 もう一丁は鶏と大根とにんじんと豆腐の炒め煮。

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。




 南国料理を作ってもココロはこの冬一番の寒さです。


 ビール飲んでて何を言うかと自分でも思う。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

にんじんしりしり・バージョン3 ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる