ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 大根と海苔の炒めたの

<<   作成日時 : 2012/01/18 00:49   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 一年で一番寒い時期はこれからだというのに、既に寒さと乾燥でヒトのフリーズドライができてしまうのではないかと思う夜中料理野郎です。しかし実際は季節に関係なく今さら少しくらい人生からぬくもりやうるおいが減ったところで現状とどれだけ違うのかはなはだ疑問だったりするわけで、せいぜいカビが生えにくくなるくらいだろうかとタメイキをついて今夜もひとり、夜中に料理します。

 せめてみずみずしい大根を。シンプルメニューです。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:副菜として二人前相当のひとりぶん)
 だいこん…約200g(円柱近似でφ74mm×H46mm)
 焼海苔…全形1枚
 日本酒…小さじ2
 しょうゆ…大さじ1
 炒め油…サラダ油大さじ1と1/3

(作り方)

(1)大根は皮をむいて1mm〜1.5mm厚みの薄いいちょう切りにします。焼海苔は細かくちぎります。調味料を用意してスタンバイ。

(2)フライパンにサラダ油で中火、大根を炒めます。火加減やフライパンのサイズにもよりますが2分15秒くらいで透き通ってくるのでそこから更に2分15秒、トータル4分30秒炒めたら強火にして日本酒を入れます。アルコールの蒸発が一段落したら醤油を回しかけ、均一になるよう炒め合わせたら火を止めて海苔を混ぜ込んで完了。えいっと盛りつけます。

画像


 大根の炒め加減は透き通るまでの時間×2としています。その時間だとシャキシャキ感がきちんと残った仕上がりですが、大根は生でも食べられるので好みの加熱時間はつまみ食いしながら好きに決められます。大根は何にでも合うくせに単体の味や風味は強いので、酒で風味をやわらげてから醤油でビシッと味つけ。ただ炒めものである上に加熱時間も短いので、醤油がしみこむにも限界があります。そこで海苔に調味料を吸わせて大根にまとわりつかせることでしっかり味がつく構成です。パンチ力をつけるならゴマ油で炒めるとかニンニクや唐辛子を入れるとかあるのですけど、食べる時に「食べラー」を乗せるのが最も簡単で効果抜群。その辺は好みです。

 もう一丁は豚の生姜焼き

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。




 ええ、フリーズドライのような人生です。


 フリーズドライにも賞味期限があるということにはノーコメントで。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

大根と海苔の炒めたの ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる