ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 爆炒白菜(白菜の速攻炒め)

<<   作成日時 : 2011/12/07 00:45   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

 寒い日もそれなりに頻繁に発生するようになってくると寒い寒いと言い続けること自体にココロが疲弊して寒いと訴えるくらいならこの寒さを受け入れてしまおうという自堕落な感情で季節に対応していく夜中料理野郎です。ココロの折れやすさについては質の悪いシャープペンの芯にも負けないと自負できるダメ人間ですが、ダメなりに季節に順応できるのですと開き直って今夜もひとり、夜中に料理します。

 スーパーシンプル爆炒シリーズ、白菜登場。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:副菜だと4人前くらいになりそうなひとりぶん)
 白菜…1/8玉(円柱近似で想定φ約190mm×H320mmの1/8玉、約450g)
 赤とうがらし…1.5本(約7.5cm)
 塩…適宜(例として小さじ0.75)
 鶏がらスープの素…スープ265mL相当分
 炒め油…ごま油大さじ1.5

(作り方)

(1)白菜は白くて硬い部分と柔らかい葉の部分とに切り分け、葉の部分は大きめのひとくち大に切ります。白くて硬い部分は繊維に対して斜め45度の方向に、3mm〜5mmを目安の太めの千切りにします。赤唐辛子は種を取って小口切り、鶏がらスープの素は粒子が大きいようならちょっと砕いてスタンバイ。

(2)深めのフライパンにゴマ油で全開の強火、白菜の白い部分と唐辛子を入れて炒めます。白い部分が半分くらい透き通ったら葉の方も入れて炒め合わせます。葉っぱがしんなりするまで炒めたら鶏がらスープの素と塩で味をととのえて完了。えいっと盛りつけます。

画像


 恒例の無理矢理カタカナ表記はバオ・チャオ・バイ・ツァイ。中華料理ですけどゴマ油に唐辛子、鶏がらスープの素を使った塩味という構成を見ると韓国とかにも存在していそうな気がする本日です。白菜の白くて硬い部分をどう切るかは食感の好みで、タテに切ればシャキシャキ感が強く繊維と直角なら比較的穏やかな食感。斜め45度はその中間で、歯ごたえはきちんと残るけれどたっぷり頬張っても負担にならない程度のシャキシャキ感で仕上がります。夜中料理野郎は常用の中華スープの素が半練りタイプなので、顆粒状でこの手の味つけに向いている鶏がらスープの素を自動的に使うことになるのですが、各種動物性ダシと香味野菜等々まで入っている中華スープの素よりもシンプルな鶏がらスープの素の方が淡白な白菜の優しさを引き立てられると思います。というかそう思っていなかったら男子力強化(笑)のためにニンニクとか入れてると思うので。

 もう一丁は久々のド定番、鯖みりん。

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。




 ええ、ココロは常に折れています。


 まっすぐに生きられる方が貴重だと分かってはいるのですけど。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

爆炒白菜(白菜の速攻炒め) ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる