ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 白菜と牛肉の旨煮

<<   作成日時 : 2011/12/05 00:50   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 1 / コメント 0

 寒さと同時に空気がぐんぐん乾燥してくるこの時期、女性を主としてお肌を気にする方々は保湿対策を真剣に考える時期だったりするのでしょうけど年がら年中人生的にかさかさだったりする夜中料理野郎の場合、お肌のうるおい以前にどうにかすべきことがあるのではないかと思ったりします。続々と落葉に変わっていく紅葉に自分の心象風景を代弁されているような気分で今夜もひとり、夜中に料理します。

 みずみずしい白菜で。中華です。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:2人前強、備蓄が前提のひとりぶん)
 白菜…1/8玉(円柱近似で想定φ約190mm×H320mmの1/8玉、約470g)
 牛薄切り肉(肩ロースっぽいところ)…120g
 きくらげ…乾燥状態で大さじ1強くらい(約4g)
 長ねぎ…1/4本(φ20mm×L80mm、約25g)
 しょうが…わずかに小さめ1片(約12g)
 赤とうがらし(糸切り)…見映え
 塩…小さじ0.25
 あらびきブラックペッパー…好きなだけ
 水溶き片栗粉…片栗粉小さじ1+水小さじ2
 炒め油…ピーナッツオイル(なければサラダ油)大さじ0.5+追加で大さじ1

[肉の下味]
 五香粉…ごく微量(耳かき1杯以下)
 しょうゆ…小さじ2
 紹興酒…大さじ0.5
 片栗粉…小さじ2
 サラダ油…大さじ1

[煮汁]
 鶏がらスープの素+お湯…スープ170ml
 しょうゆ…大さじ1
 紹興酒…大さじ1
 オイスターソース…大さじ1

(作り方)

(1)牛肉は食べやすい大きさに切り分けてボウルに入れ、下味の調味料を上から順にしっかりもみこんだら他の材料の下ごしらえが済むまでラップをして冷蔵庫で寝かせます。きくらげはパッケージの表示に従って戻し、大きければ食べやすく切ります。白菜は4cm〜5cm幅で繊維と直角にざくざく切り、大体でいいので厚くて硬いところと柔らかい葉っぱに分けます。このとき、厚くて硬い部分に食べにくい大きさのものがあったら食べやすく切っておきます。長ネギは0.7mm〜1mm厚みくらいの小口切り、生姜は千切りにします。煮汁を用意してスタンバイ。

(2)深めのフライパンにピーナッツオイルで中火、肉を下味ごと入れて炒めます。7割くらい火が通ったらネギと生姜を入れて炒め、薬味の香りが立って肉に火が通ったら取り出します。

(3)そのままのフライパンに追加のピーナッツオイルで強火、白菜の厚い部分から炒めます。端の方が軽く透き通ったら葉の方も入れて炒め、葉がしんなりしてきたら軽く塩とブラックペッパーを振ります。そこにきくらげを入れてザッと炒め合わせ、煮汁を注ぎます。

(4)後は煮込んで仕上げるだけ、中火に落として白菜を煮込みます。白菜が柔らかく煮えたところで肉を戻し、均一に混ぜ合わせたら水溶き片栗粉でとろみをつけて完了。盛りつけて見映えの糸唐辛子をあしらいます。

画像


 レシピの立脚点としては以前に作ったコイツの流儀で、具の種類が少ない八宝菜のようなもの。ただし具の種類が少ないことをマイナスにとらえず、組み合わせがシンプルだからこそソイツに合うだろう味つけや作り方の工夫が可能だという視点で構成する本日です。牛肉に生姜が合うのは牛丼でおなじみ、だからニンニクは省略とか肉の味が強いから中華スープではなく鶏がらスープにしている辺りがそれ。いつも書いていますが五香粉は隠し味程度の量が推奨です。

 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。

 


 片栗粉で人生のうるおいもキープできたらいいのにと。


 無理なので今夜も内臓に酒で下味をつけてい(以下略)。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
エビとブロッコリーとエリンギのかき揚げ
 夜中料理野郎が患っている寒い朝に布団から出られない病というタチの悪い持病はここ数日症状が悪化する一方です。そのうえここ数年はイルミネーションがココロに痛い病も毎年のように併発しているわけですと書いたところで、そもそもこれらを病と呼ぶ時点でダメダメであると気づいていたりします。おひとりさまは生き様ではなく単なる現状なのだと自分を励まして今夜もひとり、夜中に料理します。 ...続きを見る
ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。
2011/12/08 01:21

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

白菜と牛肉の旨煮 ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる