ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS さつまいものローズマリーきんぴら

<<   作成日時 : 2011/10/12 00:27   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

 連鎖反応というものがあります。風が吹くと桶屋が儲かることです。K-POPのアイドルが人気になると次から次へと来日することです。夜中料理的にはタラゴンとマジョラムを仕入れたこともあって秋に入ってから手持ちのハーブの登場頻度が高くなっていたりすることです。しかしその裏側では小洒落たハーブなんぞを使う生活が更におひとりさま人生を助長していたりするようなのですとこじつけて今夜もひとり、夜中に料理します。

 定番ハーブでどうぞ、ローズマリーです。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:意外と適切なひとりぶん)
 さつまいも…小型1/3本(円錐近似でφ48mm×H80mm、約105g)
 イタリアンパセリ…見映え
 塩…適宜(例として小さじ0.3強くらい)
 あらびきブラックペッパー…好きなだけ(やや控えめ)
 ローズマリー(ドライ、ホール)…小さじ0.5
 炒め油…オリーブオイル大さじ0.5
 ほか分量外…サツマイモをさらす水1,000mL

(作り方)

(1)さつまいもは斜め45度くらい、1mm厚み目安の薄い斜め切りにしてから1mm〜1.5mm角の千切りにし、分量外の水に3分さらしたらザルで水気をしっかり切っておきます。見映えのイタリアンパセリは葉っぱを細かく摘んでスタンバイ。

(2)フライパンにオリーブオイルで中火、サツマイモを炒めます。くっつかないよう絶えず混ぜながら全体がしっかり透き通るまで炒め、そこからはちょっとずつ食べてみて好みの食感になるまで炒めます。塩・ブラックペッパー・ローズマリーを振ったら風味がしっかり立つまで炒め合わせて完了。盛りつけてイタリアンパセリを散らします。

画像


 ジャガイモで作るローズマリーポテトは肉料理のつけあわせとして洋食の定番になっています。けど甘みがあるという点さえ考慮に入れれば、サツマイモでも同じアプローチの味つけで一品作れますという本日です。全体が透き通った時点の硬さはかなりシャキシャキ、炒め続けるほどほくほくになっていきますからバランスはお好みで。炒める前に水にさらすことでアクを抜きますが、デンプンも多少抜けるので焦げつきにくく、またイモ同士でくっつきにくくなります。甘みを考慮して塩はやや強め、ローズマリーの爽やかさを遮らないようブラックペッパーは控えめ。ミックス系のハーブソルトでもそれなりに仕上がると思うので、ローズマリー単品は持ってないけどという方はそちらでも。

 もう一丁は当然肉料理ということで、テリヤキチキン。最近は手抜きレシピの方が定番化してきているので折を見て更新しようと思っていたりします。

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。




 ええ、おひとりさまが定番です。


 ハーブで人生と人間性が爽やかな連鎖反応。無理ですか。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

さつまいものローズマリーきんぴら ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる