ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 里芋と鮭の炊き合わせ

<<   作成日時 : 2011/10/11 00:18   >>

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

 既に日付は変わっていますが10月10日は体育の日とかいう名でテレビではスポーツ中継、世間ではあちらこちらでスポーツのイベントが開催された日だったりするわけですが、その手のものに一切縁がない夜中料理野郎の場合、本日の人生のイベントといえば近所の自動販売機にホットが入ったのを発見したことくらいだったりするわけです。吹いてもいない木枯らし全開のハートを抱えて今夜もひとり、夜中に料理します。

 せめて煮物であったまる、が常套句。サトイモ登場。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:主菜なら2人前、主食ならひとりぶん)
 さといも…8個(球形近似で平均φ45mm強、8個で計約300g)
 生鮭(切身)…2切(約140g)
 三つ葉…見映え
 ゆずの皮…見映え
 しょうゆ…大さじ2
 みりん…大さじ2
 日本酒…大さじ2
 さとう…大さじ1
 熱湯…適宜(例として80mL)
 ほか分量外…サトイモを下ゆでする水が400mL、洗うお湯(風呂くらいの温度)が適宜

(作り方)

(1)鮭を2.5cm幅くらいのそぎきりにします。小鍋に醤油・みりん・日本酒を入れて強火で煮立て、鮭を入れたら中火に落とします。再び煮立ったら鮭に火が通るまで1分くらい煮て、火から下ろして冷まします。冷めたら鮭の身と煮汁を分けておきます。

(2)サトイモは皮をむいてなるべくぴったりサイズの鍋に並べ、かぶるくらいの水を入れたら弱めの中火にかけます。沸騰したら最弱のとろ火に落とし、10分下ゆでしたらゆでこぼして分量外のお湯(風呂くらいの温度)で洗いながらぬめりを取ってスタンバイ。

(3)きれいにした鍋に改めてサトイモを並べ、鮭の煮汁を注いで砂糖を加えます。そこにサトイモの頭が出るくらいの量まで熱湯を静かに注ぎ、中火にかけます。煮立ったらごく弱火にし、落としぶたをして煮汁が少なくなるまで煮詰めます。この間に、見映えの三つ葉と柚子をそれっぽく刻んでおきます。

(4)煮汁がサトイモの高さの1/3くらいまで煮詰まったところで落としぶたを取り、火力を強めの中火にしたら鍋を傾けながら煮汁がごく少なくなってサトイモが照り照りになるまで煮転がして完了。粗熱が取れるまで味をなじませ、鮭と一緒に盛りつけて三つ葉・柚子をあしらいます。

画像


 おいしくなってきた里芋とハイシーズンの生鮭の煮物です。生鮭はサッと煮たいし必要以上に煮汁も甘くしたくないのですが、一方の里芋は典型的なこってり甘辛で煮転がしたい、その命題に対する解として別々の味つけで炊き合わせという形態になるのですが、鮭の煮汁をベースに里芋の煮汁を作ることで里芋にもばっちり鮭の味が入ります。鮭を煮た調味料を使うというだけで、里芋の煮かたは過去レシピの煮っ転がしそのまま。見映えと書いてはいますが里芋には柚子、鮭には三つ葉がとっても合うので実際は指定同然です。なお、できあがりの状態は熱々ではないのですが、煮直すのは大変なので再加熱は電子レンジが楽です(笑)。

 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。




 人生を熱々にしてくれる方を募集しています。


 体育の日だけに某テニスコーチとかに来られても困りますが。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

里芋と鮭の炊き合わせ ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる