ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 爆炒木耳(きくらげの速攻炒め)

<<   作成日時 : 2011/09/28 01:07   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

 夜中料理野郎はきくらげが好きです。独立した個体なのに木耳という字でパーツ扱いにされてしまっているところが好きです。それどころか仮名だと水棲生物扱いで菌類としての尊厳まで踏みにじられてしまっているところが好きです。八宝菜に入っていると嬉しい脇役なのにうずらの卵のような扱いは永遠に受けられないだろうところが好きです。そんなきくらげほどの存在価値もないノー炊飯器野郎が今夜もひとり、夜中に料理します。

 ピンで活躍していただきましょう、爆炒です。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:居酒屋の突き出しなら2〜3人前くらいのひとりぶん)
 きくらげ…乾燥状態で約10g
 長ねぎ…みじん切りで大さじ1くらい(φ18mm×L40mm、約10g)
 塩…適宜(例として小さじ0.4くらい)
 豆板醤…好きなだけ(例として小さじ1くらい)
 炒め油…ピーナッツオイル(なければサラダ油)小さじ4
 ほか分量外…きくらげを戻す水が500mL

(作り方)

(1)きくらげはパッケージの表記に従って戻し、大きいものは食べやすく切ってからザルで水気を切ります。長ネギをみじん切りにしたら調味料を手元にそろえてスタンバイ。

(2)深めのフライパンにピーナッツオイルで弱火、豆板醤を炒めます。油に赤い色が移ってきたら強火にしてきくらげを炒めます。塩で味をつけたら長ネギをザッと炒め合わせて完了。えいっと盛りつけます。

画像


 無理やりカタカナにすればバオチャオムーアル、って表記になると思います。裏が白いもの(裏白きくらげ)と濃い色のもの(黒きくらげ)とがあり、黒きくらげの方が上質とされています。脇役では気づきにくいきくらげの風味もばっちり味わえる本日、塩だけだとシンプルすぎるので長ネギと豆板醤で風味とコクとパンチ力をプラスしています。なお加熱しすぎるとせっかく戻した水分が放出されて縮んでしまうので本当にスピード勝負、熱くした油を全体にまとわせたらサッサと味つけしてネギ入れて、くらいでちょうどいいです。

 もう一丁は好きを通り越している気がする鯖みりん。

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。

 


 そうです、これがきくらげ愛です。


 人類としての尊厳を守るには違うものを愛すべきかと思いつつ。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
美味しそうな真夜中。
atoz
2011/09/28 01:47
atozさんこんばんは、コメントありがとうございます。

よろしかったら今後ともごひいきに。
Zuki
2011/09/29 01:13

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

爆炒木耳(きくらげの速攻炒め) ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる