ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 大根と油揚げの炊いたん

<<   作成日時 : 2011/09/26 01:28   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 0

 秋分を過ぎて昼より夜の方が長い季節になり、さあこれから秋の夜長をどうぞ夜中料理でお楽しみくださいと宣伝してみようと思ったりするものの、過去の経験上それでココロ以上に狭い肩身が広がったことなどまるっきりなかったりもするわけで、その辺のプロモーション活動に精を出すくらいならとりあえず自己満足一辺倒の方が楽なのかもとヒトとしての弱さを前面に打ち出して今夜もひとり、夜中に料理します。

 弱っているときにはシンプルに、おばんざい風の煮物で。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:副菜なら4人前くらい、常備菜として多めに仕込むひとりぶん)
 大根…約1/2本(円柱近似で平均φ約70mm×L105mm、約410g)
 油揚げ…大きめ1枚(W90mm×D180mm、約115g)
 ゆずの皮…好みで
 和風だしの素+お湯…だし汁350mL
 しょうゆ…大さじ1
 みりん…大さじ1
 さとう…大さじ0.5
 ほか分量外…大根を下ゆでする水500mL、油揚げの油抜きをする熱湯500mL

(作り方)

(1)大根は皮をむいて1cm厚みくらいのいちょう切りにし、鍋に入れてかぶるくらいの水を注いだら中火にかけて下ゆでします。その間に分量外の熱湯で油揚げの油抜きをし、4×2の8等分にしてから更に対角線に切っておきます。大根の鍋が沸騰するのを待ってザルに取り、大急ぎで鍋を洗ってスタンバイ。

(2)鍋にだし汁を張って沸かし、中火に落として大根をゴロゴロと入れ、その上に油揚げを並べます。砂糖とみりんを入れて、煮立ったところで醤油を入れます。後は中火のまま約20分、途中で煮汁が減ってきたら落し蓋をしながらきっちり煮込んで完了。盛りつけて好みで柚子の皮をあしらいます。

画像


 大根は自身の味が強いので、過去レシピでもコイツなんかは下ゆでして水にさらした上にがっつり濃い味だったりするわけですが、最小限の手間と時間と材料構成で薄味に仕上げようとしたらこんな感じという本日です。晩酌ついでの晩ごはんにぱくぱく食べられる薄味なので、少量でもごはんをがっつり食べられるおかずにしたい場合は調味料を5割増〜倍量くらいで。刺激が欲しい場合は七味が順当でしょうか。

 もう一丁は秋鮭の香草パン粉焼き。ええ、最近仕入れたタラゴンとマジョラムを手の内にしたいのであれやこれやとやっている夜中料理です。

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。




 ええ、この時期を薄味に過ごすとハロウィンもクリスマスも。


 人生を薄味にしたいわけではないのですけど。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
真鱈のムニエル・ハーブレモンバターソース
 学校はもうじき衣替え、通勤時に見かける白っぽかった集団がいきなり黒とか紺色の集団に変わる時期ですが、夜中料理野郎的にはいきなり防寒対策ばっちりの冬物を出すわけにもいかないわけで、とりあえず肌寒さに耐えるか暑苦しさに耐えるかの二者択一でやり過ごそうとする微妙な時期だったりします。お寒い奴になるべきか暑苦しい奴になるべきかのダメダメな選択に悩みつつ今夜もひとり、夜中に料理します。 ...続きを見る
ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。
2011/09/30 00:47

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

大根と油揚げの炊いたん ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる