ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 空芯菜の手抜きガドガド

<<   作成日時 : 2011/08/18 00:54   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

 暦の上では既に残暑、暑さのピークは過ぎているはずなのに実際のところは暑さのピークが続いているといった感じで過ぎ去った夏休み、リフレッシュしてきたというより社会復帰できない人に成り下がっていそうな気がする夜中料理野郎です。そんな状態で職場に行けば休み期間以上にぐうたらしてしまうのではないのだろうかと残暑ではなくダメっぷりのピークを引きずって今夜もひとり、夜中に料理します。

 残暑によく合うエスニック、空芯菜です。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:副菜として3人前くらいだと思うひとりぶん)
 空芯菜…お買い得サイズ0.5把(L340mm×11株、約135g)
 スイートチリソース…大さじ1
 ピーナッツバター(無糖)…大さじ1
 豆板醤…小さじ0.5
 ナンプラー…小さじ0.25
 ほか分量外…空芯菜をゆでる熱湯1,000mL+塩小さじ1、さらす冷水(できれば氷水)1,800mL

(作り方)

(1)空芯菜は根元をちょっとだけ切り落とし、葉っぱを摘むような要領で茎の部分と葉の部分に分けます。ボウルにスイートチリソース・ピーナッツバター・豆板醤・ナンプラーをしっかり混ぜてスタンバイ。

(2)分量外の塩を入れた熱湯で空芯菜の茎からゆでます。1分30秒経過後に葉の方も加えて更に1分30秒、合計3分ゆでたらザルに取り、冷水でしっかり冷まします。改めて葉と茎に分けながら取り出してギュッと絞り、5cm長さくらいに切り分けたら和え衣としっかり合わせて完了。余裕があれば冷蔵庫などできちんと冷やしてから盛りつけます。

画像


 空芯菜をゆでるレシピには過去にこんなのもありますが、構成的には直前記事のコイツを作ったときにちょっと書いている変形ごまあえです。空芯菜は火の通り方の違いを考慮して茎と葉に分けていますが、茎の方を熱湯に入れて時間差で全体を投入するいつもの作法を休日らしくヒマに任せて細分化しただけだったりします。ガドガドは基本的にピーナッツのソースで食べるインドネシアのサラダのことで、ネットで調べるとソースに凝ったレシピが多いんですが、割り切ればここまで手抜きできるという本日。基本は無糖のピーナッツバターとスイートチリソースだけ、ナンプラーや豆板醤で軽くアレンジしていますがレモンとかでさっぱりさせるのもありかなあと個人的には思います。

 お相手は今日も今日とて鯖みりん、残暑以前に季節感なし。

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。




 残暑厳しき折です。


 まず自分自身の暑苦しさを改善すべきだとは思いますが。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

空芯菜の手抜きガドガド ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる