ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 牛肉とパプリカと春雨のXO醤炒め

<<   作成日時 : 2011/05/25 01:23   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

 出張先では現地スタッフに案内してもらう立場なので、彼らが食べ飽きている地元の庶民派グルメとかにはあまり行けなかったりします。逆に日本の客が来るときでもないと行きにくいのか、日本食の店には結構な頻度で連れて行かれていたりするわけです。帰国後、うまいものばかり食べてきたんだろうと言われるたびに意味もなく意味ありげな笑いを浮かべる夜中料理野郎が今夜もひとり、夜中に料理します。

 そんな理由で本日は中華(謎)、XO醤とパプリカです。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:常識だと2人前くらいのひとりぶん)
 牛薄切り肉(肩ロース)…120g
 赤パプリカ…やや大きめ1/2個(約80g)
 黄色パプリカ…やや大きめ1/2個(約80g)
 緑豆春雨…乾燥状態で25g
 しょうが…やや小さめ1片(約10g)
 中華スープの素+お湯…スープ50ml
 炒め油…ピーナッツオイル(なければサラダ油)大さじ1
 ほか分量外…つけあわせの野菜を適宜

[肉の下味]
 塩…小さじ0.25
 あらびきブラックペッパー…好きなだけ
 紹興酒…大さじ1

[合わせ調味料]
 しょうゆ…大さじ1
 XO醤…大さじ1
 紹興酒…大さじ1

(作り方)

(1)牛肉は食べやすい大きさに切り、下味の調味料をもみこんだら他の材料の準備が済むまでほっときます。春雨はパッケージの指示に従って戻し、ザルにとって水気を切ったら食べにくくない程度の長さに切っておきます。パプリカはヘタと種を取って食べやすく小さめの乱切り、生姜は1cm角・1mm厚みくらいの薄い角切りに。中華スープと合わせ調味料を用意してスタンバイ。

(2)深めのフライパンに中火でピーナッツオイル、牛肉と生姜を炒め、肉の色が変わったらひとまず取り出します。

(3)そのままのフライパンで全開の強火、パプリカを炒めます。透き通るまで炒めたら牛肉を戻し、合わせ調味料を加えてザッと炒め合わせます。

(4)調味料のジュワッという激しい蒸発が一段落したら春雨を投入、ザッとなじませて中華スープを注いだら均一になるよう炒め合わせて完了。つけあわせの野菜を敷いた皿に盛りつけます。

画像


 緑色の食材はまだしも、赤や黄色が少ない傾向にあることは自覚している夜中料理ですから、安ければ重用したいのがパプリカ。ピーマンの仲間なので基本的に夏野菜、国産品はやや時期的に早いのですが韓国産が特売だったので(笑)。牛肉とパプリカを炒めるのはこれ以来、XO醤のレシピはコイツ以来という本日です。XO醤は炒めて香りを引き出したいので少し早めに投入、春雨に味が均等にからむよう、最後に中華スープを注いで均一化します。XO醤は風味が強いので、現住所の地域では手に入りにくいのですが、羊肉でもおいしいだろうなと。

 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。




 ええ、牛肉も特売オージーです。


 夜中料理野郎もセール中です。今ならXO醤をおまけで(←馬鹿)。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

牛肉とパプリカと春雨のXO醤炒め ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる