ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS イタリアン焼き大根

<<   作成日時 : 2011/02/15 01:27   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 4

 真っ暗なバレンタインを過ごすと人間性が真っ黒になっていく、なんて思っていた頃が懐かしいおっさんの夜中料理野郎は、既に悟りの境地でその手のイベントを微笑ましく見つめています。とはいえそれは自分自身を流れの外に置いているからで、流されやすい性格のくせにどうしてこういう場面では流れていけないのかと哀れな身の上に見て見ぬふりをしながら今夜もひとり、夜中に料理します。

 真っ白な大根を焼きます。黒くなってやる。それか。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。いつもありがとうございます。

 →レシピブログ

(分量:副菜として2人前くらいのひとりぶん)
 大根…1/4本(φ75mm×L50mm、約240g)
 塩…少々(小さじ0.05くらい)
 あらびきブラックペッパー…好きなだけ
 バルサミコ…小さじ0.5
 炒め油…オリーブオイル大さじ1
 ほか分量外…大根を下ゆでする熱湯1,000mL

(作り方)

(1)大根の皮をむいて7〜8等分くらいの厚みで輪切りにします。切った大根を分量外の熱湯で3分下ゆでし、ザルなどに取ってから(熱いので注意しつつ)キッチンペーパーでしっかり水気を取ってスタンバイ。

(2)といっても後は簡単、フライパンに多めのオリーブオイルで強めの中火、大根を並べて両面こんがり焼いたら完了。盛りつけてから塩とブラックペッパーを振り、バルサミコを散らします。

画像


 1ヶ月ほど前に笠原将弘さんのアイディアを頂戴して焼き鶏大根というものを作ったのですが、そこで感激したのが大根の調理法。旬の大根なら味つけ次第で充分単品でもいけるでしょと普通に思ったわけで、とりあえずイタリアンに仕立てた本日。基本レシピでは5mm厚みの輪切りですが、単品だともう少しだけ食べ応えが欲しいので6mm〜7mm厚みにしています。多めのオリーブオイルでうまみしっかり、塩もバルサミコも好みですが、大根の甘みが前面に出るくらいの微量が個人的にイケてます。大根は葉っぱに近い甘みが強い部分を使うと幸せ絶大。

 もう一丁はニラ豚。一見イタリアンな色あい。

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。いつもありがとうございます。




 雪よりも大根よりも真っ白な気持ちで。


 実際は世間に薄汚れたおっさんがひとり。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
チョコレートお持ちしました→
おばちゃん
2011/02/15 12:57
生チョコくらいの歯ごたえまで焼き上げるんですか(^-^)?
ケイタ
2011/02/15 22:21
おばちゃんさんこんばんは、コメントありがとうございます。

…ああチョコレートだ。食べます(笑)。
Zuki
2011/02/16 01:19
ケイタさんこんばんは、コメントありがとうございます。

生チョコほど柔らかくはないですね。大根は溶けませんし(笑)。いいんです、チョコがなくても幸せだか…いや幸せじゃないか。
Zuki
2011/02/16 01:21

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

イタリアン焼き大根 ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる