ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS さといもの味噌そぼろあんかけ

<<   作成日時 : 2011/01/06 00:52   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

 仕事が始まってしまうと正月気分もふっとんで、と書くと何となくカッコいいのですが実際は新春からひねもすのたりモードに突入している夜中料理野郎だったりします。例によってふざけた筑前煮のために購入した根菜類の整理モードが発動していたりしますが、人生の大事な部分がまったく整理できていないではないかというツッコミは全開のひねもすのたりモードで聞き流して今夜もひとり、夜中に料理します。

 ということで根菜消費、まずは里芋。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:とりあえず2人前くらいだろうひとりぶん)
 さといも…中4個(平均φ45mmくらいが4個、計約200g)
 きぬさや(下ゆでしたもの)…見映え
 ゆずの皮…見映え
 和風だしの素+お湯…だし汁250mL
 うすくちしょうゆ…小さじ0.5
 ほか分量外…さといもを下ゆでする水が300mL

[味噌そぼろあん]
 鶏ひき肉(ムネ)…85g
 しょうが…やや小さい1片(約10g)
 和風だしの素+水…だし汁85mL
 味噌(仙台系)…大さじ1
 さとう…小さじ2
 みりん…小さじ2
 しょうゆ…小さじ1
 水溶き片栗粉…片栗粉が小さじ1

(作り方)

(1)まず里芋の下ごしらえから。サトイモは皮をむいて食べやすい大きさに切ったら分量外の水と一緒に小鍋に入れ、強火にかけて沸騰したら限界ギリギリのとろ火、静かに5分ゆでたら取り出します。きれいにした小鍋に改めてだし汁と薄口醤油、里芋を戻して強めの中火にかけ、沸騰したら再び限界ギリギリのとろ火にして静かに7分煮たら、火を止めてしばらく味を含ませます。

(2)次は味噌そぼろあん。生姜を千切りにし、鶏ひき肉と水溶き片栗粉以外の材料を小鍋に入れ、味噌をしっかり溶いてから鶏ひき肉を入れ、火にかける前にぐるぐるかき混ぜておきます。ゆずの皮を千切りにしたらスタンバイ。

(3)といっても後は簡単、そぼろあんの材料が入った小鍋を強めの中火にかけ、かき混ぜながら加熱します。鶏肉に火が入って全体的に白っぽい色に変わったら、強火でしっかり煮立てつつ水溶き片栗粉でとろみをつけて完了。そぼろあんの2/3を敷いた器に温めなおした里芋の汁気を軽く切って盛りつけ、残りのそぼろあんをかけてから絹さやと柚子を飾ります。

画像


 残りの里芋なので若干、あんが多いです(笑)。そぼろあんかけはほうれん草でやっている寒い季節の定番メニュー。本日はかぶのときと同様、あらかじめ里芋を薄味で含め煮にしています。一方で味噌そぼろあんはパンチ力のある味つけに、味噌と生姜のコンビはこんなレシピでも使っている相性のよい組合せ。そぼろあんは加熱前にしっかり混ぜておくとひき肉がダマになりません。里芋は鍋の中で踊ってしまう火加減だと自分からあちこちにぶつかって煮崩れてしまうので、限界ギリギリのとろ火で形よく。柚子の風味が幸せな冬気分です。

 もう少し野菜、にんじんのグラッセとほうれん草のソテーを。なぜか洋風。

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。




 年初の悪ふざけのツケをちまちま返す今日この頃。


 年賀状のお返事もこれからということで(オイ)。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

さといもの味噌そぼろあんかけ ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる