ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS せりと厚揚げの味噌炒め

<<   作成日時 : 2011/01/21 01:13   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

 既に日付は変わっていますが1月20日は大寒でした。ここから立春くらいまでが一年で最も冷える寒さの底ですが、夜中料理野郎の場合は前門のクリスマスと後門のバレンタインのおかげで世間さま比250パーセントくらいの一年で最も寒い時期を過ごしていたりします。風呂と布団しかあっためてくれるもののない生活にヒート○ックを全面的に投入するべきかどうかを本気で考えながら今夜もひとり、夜中に料理します。

 せりの炒めもの、今週ふたつめ。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:常識的には2人前にカウントするだろうひとりぶん)
 せり…1/2把弱(L約350mmが10株、計約65g)
 厚揚げ…大きいの1枚(W73mm×D110mm×H34mm、約255g)
 赤とうがらし…1本(L55mm)
 炒め油…サラダ油小さじ2
 ほか分量外…厚揚げの油抜きをする熱湯700mL

[合わせ調味料]
 味噌(仙台系赤味噌)…大さじ1
 味噌(名古屋系赤だし)…大さじ0.5
 さとう…大さじ1
 日本酒…大さじ1

(作り方)

(1)厚揚げは分量外の熱湯で油抜きをしてからタテ2等分、それを厚さ1cmくらいにスライスします。せりは根元を切り落として茎の方は5cm長さくらい、葉の方は少し長めに切って、大体でいいので茎と葉を分けておきます。唐辛子は種を取って小口切り、合わせ調味料をしっかり混ぜてスタンバイ。

(2)深めのフライパンにサラダ油で中火、厚揚げを炒めます。たまにひっくり返しつつ軽く焼き色がついたら強火、唐辛子とセリの茎を入れて炒めます。セリの香りがワッと立ったら合わせ調味料をダッと入れ、煮詰める感じでしっかり調味料をからめたらセリの葉をザッと炒め合わせて完了。盛りつけます。

画像


 厚揚げで田楽作ってせりを添えました、みたいな構成をお手軽な炒めものでやりましたという本日。田楽との最大の違いは味噌をしっかり炒めていることで、麹の華やかな香りは飛びますが凝縮されたうまみが入ります。厚揚げは軽く焼き目がつく程度にしておくと優しい食感が残り、しっかり両面きつね色まで炒めると弾力を感じる食感になりますが、その辺は好みで。味噌をブレンドしているのもごくごく個人的な嗜好です。唐辛子は最初から入れてしまうとすごく辛くなるので、厚揚げが炒め終わってから。

 まるで芸のないもう一丁、昨夜と同様にだし巻きを。

画像


 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。




 ヒー○テックで少しはあったかいかと。


 そんな人生が寒さの底だと。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

せりと厚揚げの味噌炒め ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる