ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 蓮根と鶏肉のカレーオイスター炒め

<<   作成日時 : 2010/12/17 01:29   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

 忘年会と年末年始を控えてあまり冷蔵庫の在庫を増やしたくない夜中料理野郎は、スーパーに行っても長持ちさせることができなさそうな素材には無意識のうちに目をそむける習性がついている気がします。日持ちするどころかすっかり干からびて誰もが無意識のうちに目をそむけてしまいそうなカサカサのおひとりさま人生については当の本人が全力で目をそむけながら今夜もひとり、夜中に料理します。

 今週は蓮根が活躍します。冬の食材にアジアンな味つけで。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:料理本なら2〜3人前だろうひとりぶん)
 れんこん…やや小さめ1節(太い部分のφ65mm×L130mm、約240g)
 鶏もも肉…120g
 細ねぎ…見映え
 にんにく…みじん切りで大さじ0.5くらい(ビッグサイズ0.5片、約8g)
 塩…小さじ0.2くらい
 あらびきブラックペッパー…好きなだけ
 カレー粉…大さじ0.5
 炒め油…ピーナッツオイル大さじ1
 ほか分量外…レンコンをさらす水450mL+穀物酢大さじ0.5、つけあわせの野菜が適宜

[合わせ調味料]
 しょうゆ…大さじ0.5
 泡盛…大さじ1
 オイスターソース…大さじ1

(作り方)

(1)蓮根は皮をむいてやや小さめ、食べやすいサイズの乱切りにして分量外の酢水にさらします。鶏肉はレンコンと同じくらいのサイズに切り分けます。見映えの細ネギは小口切り、にんにくはみじん切り。合わせ調味料は混ぜておきます。他の調味料も用意して、蓮根をザルに取って水気をしっかり切ったらスタンバイ。

(2)深めのフライパンにピーナッツオイルで中火、まず鶏肉を炒めます。シャカシャカ動かさずにしっかり焼き目をつけながら表面に火を通したら、レンコンとニンニクを投入します。

(3)火力を強めの中火に上げて、蓮根が透き通るまで炒め合わせたら塩・ブラックペッパー・カレー粉を入れて強火。カレー粉の香りがしっかり立つまで炒め合わせ、合わせ調味料を投入したら汁気が減って照り照りにからまるまで炒め合わせて完了。つけあわせの野菜と一緒に盛りつけ、見映えの細ネギを散らします。

画像


 カレー粉とオイスターソースのコラボは香港あたりで遭遇しそう、というのは初出のコイツでも書きました。オイスターソースがマカオ発祥、ミックススパイスとしてのカレー粉はイギリス発祥だからです。前回は香港に似合う夏野菜で作りましたが冬だっておいしいはずだということで、冷蔵庫に残っていた蓮根を登場させる本日です。炒めものの場合はカレー粉もオイスターソースもしっかり加熱して香りを引き出すのがポイントというほどでもないポイント。

 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。




 とりあえず、冷蔵庫の在庫は順調に減っています。


 ノー炊飯器野郎という人としての在庫を誰かに消費してもらいたい。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

蓮根と鶏肉のカレーオイスター炒め ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる