ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS きのこと鶏の狩人風煮込み(圧力鍋使用)

<<   作成日時 : 2010/10/04 01:17   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 3 / コメント 4

 飲み屋の突き出しにミネストローネなんかが出てきたりして、忙しいというより手間ひまをかける根性がない時期は炒めものが連発するという、先週の記事を見ているとその辺をバッチリ実感するノー炊飯器野郎だったりします。これではイカンというよりもいい加減煮物が嬉しい時期になってきたなと皮膚が感じているわけで、夏の間休業状態だった圧力鍋を奥地から発掘してきて今夜もひとり、夜中に料理します。

 久々の煮物、きのこどっさりのイタリアンです。

画像


 レシピブログに参加しています。下記リンクのクリックがランキングに反映される仕組みです。よろしくです。

 →レシピブログ

(分量:常識だと1.5〜2人前くらいのひとりぶん)
 鶏もも肉…1/2枚(約145g)
 たまねぎ…やや小ぶり1/2個
 しめじ…1/2株(約100g)
 まいたけ…1/2パック(約50g)
 エリンギ…1/2パック(φ35mm×L100mm程度が1本、約45g)
 カットトマト缶…1/2缶(200g)
 にんにく…ビッグサイズ1片(約15g)
 ローリエ…1枚
 小麦粉…大さじ1
 ブイヨンキューブ…ブイヨン300ml相当分
 水…150ml
 白ワイン…大さじ2
 塩…少々+適宜(例としてトータル小さじ0.4くらい)
 あらびきブラックペッパー…好きなだけ
 生クリーム…小さじ4+見映え
 炒め油…オリーブオイル大さじ1
 ほか分量外…つけあわせの野菜類を適宜

(作り方)

(1)鶏肉はひと切れ40g〜50g、から揚げサイズに切ります。タマネギはタテに薄くスライス。エリンギは石突をちょっとだけ切り落として半分の長さに切ってからそれぞれタテ12等分くらいに細く裂きます。しめじ・舞茸も石突をちょっとだけ切り落として適当にばらします。ニンニクは根元を切り落としてから木べらで潰し、芽を除去したらスタンバイ。

(2)圧力鍋を強火で熱し、しっかり熱くなってから中火に落としてオリーブオイル、鶏肉を皮の面から焼きます。いい感じの焼き目がついたらひっくり返し、身の方はサッと色が変わる程度に炒めてニンニクとタマネギを投入。強火にアップしてタマネギに油が回る程度に炒め合わせたらキノコ類もゴロゴロと入れ、ザッと炒め合わせたら軽く塩とブラックペッパーを振ります。

(3)全体に油が回ったら小麦粉を振りいれ、粉っぽさがなくなるまで炒め合わせます。そこで一旦火から下ろし、水を投入。均一になるまでしっかり混ぜてから再び火にかけるととろみが出てくるので、ここでカットトマト・白ワイン・ブイヨンキューブとローリエを入れてしっかり混ぜたらフタをしてロック。圧力がかかり始めるまでは強火、調圧弁が作動したらごく弱火に落とし、そこから30分間コトコト煮ます。30分経ったら火から下ろし、圧力が抜けるまで自然冷却します。

(4)最後は仕上げ、フタを取って生クリームを混ぜいれ、強火で好みのとろみが出るまで煮詰めたら塩で味を調えて完了。つけあわせの野菜と一緒に盛りつけ、見映えの生クリームを流してブラックペッパーを振ります。

画像


 あらかじめ断っておきますが、見映えを意識したので写真はレシピの半量です。鶏肉と好みの具をトマト味でじっくり煮込むだけ、最近は日本でもポピュラーになってきた調理法が、イタリアンでいうところのポッロ・アッラ・カチャトーラ(pollo alla cacciatora)。直訳すれば「鳥の狩人風」という意味を持ちます。ただ時間はともかく手間をかけずに作るからなのか、狩人が調達しやすい材料で作るからなのか、その辺の細かい定義は調べても分かりませんでした。煮汁が蒸発しない圧力鍋なので最小限の水の量でも最後に煮詰めるひと手間が発生しますが、ほろほろ崩れるまで煮込んだ鶏肉のおいしさ、溶けてなくなってしまうタマネギとどっさりのきのこから出たうまみ、圧力鍋万々歳です。

 下のバナーをクリックするとレシピブログのランキングに反映されます。よろしくです。




 煮物が嬉しい時期になってきました。


 胃袋よりも人生をあっためてくれる誰かを募集しています。



●本日のありがとう

 気づかなかったんですが、出張の最中に8万アクセスを超えていたようです。6万がコイツで7万がこれですから、アクセスが増えていることに感謝すると共に、アクセスしてくださる皆様にココロからこのヒマ人ありがとうと言いたいです。こんな私ですしこれから更新が滞りがちになるのも判明してはいますが、見捨てずにいただければ在宅時は今後もひとり、夜中に料理します。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
キノコと牛肉のプロヴァンス風(?)煮込み
 プチハマリモードで世間の流れから取り残されていると、地球の反対側で地下に閉じ込められた人々が無事に救出されたという話を週末の情報番組で知ったりするわけです。季節も時差も彼らとは正反対の国で、季節も時差も関係なく地下のように真っ暗な時間帯に料理しているノー炊飯器野郎の人生にもついでに救助の手を差し伸べて欲しいものだと気休めにもならない願望をつぶやいて今夜もひとり、夜中に料理します。 ...続きを見る
ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。
2010/10/18 01:38
長芋のクミン炒め
 つい先ほど気づいたのですが、トータルアクセスが10万を超えました。大台ということよりも、8万のとき、9万のときがいずれも出張中のログインできない間の到達だったので、何か久々に節目に立ち会えた気がします。人生の節目になったかもしれないチャンスは気づくこともなく見逃しつつ、のべ10万の方々に夜ごとダメっぷりをさらしているノー炊飯器野郎はおひとりさまの寒さを寒波のせいにして今夜もひとり、夜中に料理します。 ...続きを見る
ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。
2010/12/28 01:32
ひよこ豆とチキンのトマト煮
 事務連絡から入りますが、明晩は夜中料理をお休みします。2年ほど前に転勤で現住所の地域に移ってきた夜中料理野郎ですが、久々に以前の勤務先の人とお会いできるので。なとと言っても絵柄的にはおっさんが飲んでいるだけなので何ひとつお洒落な部分も色っぽい部分もなかったりするというのが実際で、気温以上に高まるオヤジ度に危機感を覚えながら今夜もひとり、夜中に料理します。 ...続きを見る
ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。
2011/06/06 01:37

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは!!
うおお、これはめちゃめちゃおいしそうです!!
寒い日に友達に出してあげたらよろこばれそう。
ぜひ作ってみます^^
ユキコフスキー
2010/10/04 10:54
圧力鍋万々歳ですか。
過去何度か買おうか迷った挙句
あきらめてきたのですが、うーん、
久々に欲しくなってきた。これうまそう〜。
好日弁当日記。
2010/10/04 23:05
ユキコフスキーさんこんばんは、コメントありがとうございます。定番は鶏と豆の煮込みなんですが、キノコどっさりの方が秋っぽいです。

どっさり作って余ったら、ごはんにかけて食べたりしてもおいしいです。ジャンクっぽいですけど(笑)。
Zuki
2010/10/05 01:37
よっちゃんさんこんばんは、コメントありがとうございます。

休日にもかかわらずスタートが遅かったので、圧力鍋万々歳でした。じっくり煮込むことができるなら、途中で味見もできるし煮詰め加減も調節しやすいので、普通の鍋にも捨てがたい利点があります。
Zuki
2010/10/05 01:40

コメントする help

ニックネーム
本 文

プロフィール


名前:Zuki
性別:男
仕事:化学系技術職
身分:天下御免のおひとりさま上等暮らし。

詳細…

リンクフリーです。

きのこと鶏の狩人風煮込み(圧力鍋使用) ノー炊飯器ライフ★夜中料理のひとりぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる